おそうじ大辞典 ダスキンおそうじノウハウがいっぱい

ふだんと念入りのおそうじレシピ おそうじのコツ

すだれ

すだれや、よしずの原料は、主に竹や葦(あし)などの天然素材ですが、ビニール製のものもあります。天然素材は水気を嫌いますので、あまり長い間濡らしたままにしないでください。水拭きや洗剤拭きをする時は、固く絞ったぞうきんで手際よく行いましょう。

ふだんのおそうじ念入りおそうじ

【用具】
ナイロンブラシ・掃除機

【準備】

取り外し 移動
取り外し、水を流せる場所に移動し、終ったら戻します。

1ナイロンブラシで平行に軽くこすり、ホコリを浮き上がらせます。

アドバイス
床に包装紙やビニールシートを敷きましょう。

注意
網糸の部分は、力を入れすぎないよう注意しましょう。

2掃除機の丸口ブラシで、ホコリを吸い取ります。

ナイロンブラシで平行に軽くこすり、ホコリを浮き上がらせます。
トップに戻る

念入りおそうじふだんのおそうじ

【用具】
スポンジ、またはナイロンブラシ・ぞうきん・バケツ・ゴム手袋

【薬剤】
住まいの洗剤

【準備】

取り外し 移動
取り外し、水を流せる場所に移動し、終ったら戻します。

ゴム手袋
洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。液がたれないよう端の部分を少し折り返します。

1すだれを丸めて立て、上からホースなどで水をかけます。

アドバイス
キズがつきそうな場合は、床に防水シートを敷きましょう。

2すだれをアコーディオン式に折りたたみ、水に浸したスポンジ、またはナイロンブラシに住まいの洗剤をスプレーし、一面ずつ開きながら平行に軽くこすって汚れを取ります。

注意
網糸の部分は、力を入れすぎないよう注意しましょう。

すだれを丸めて立て、上からホースなどで水をかけます。

3丸めて立てた状態で水をかけ、汚れや洗剤分を洗い流します。

4丸めて立てたまま、トントンと打ち下ろして水切りをします。

乾いたぞうきんで、水気を拭き取ります。

5乾いたぞうきんで、水気を拭き取ります。

6陰干しで、よく乾燥させます。

アドバイス
濡れたまま日に当てると、すだれが曲がってしまいます。必ず陰干しで、ゆっくり乾燥させましょう。

丸めて立てたまま、トントンと打ち下ろして水切りをします。
トップに戻る
おそうじ大辞典TOPへ
おそうじ大辞典では日々の掃除の情報から念入りお掃除のヒントまで様々な情報を提供しています。
WEBでのお問い合わせ
  • 商品・サービスその他のお問い合わせ