• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

ホーム > くらしのお役立ち情報 > おそうじ(お掃除)大辞典 > おそうじのコツ:床 > シミの取り方【念入りおそうじ】

おそうじ大辞典 ダスキンおそうじノウハウがいっぱい

ふだんと念入りのおそうじレシピ おそうじのコツ

シミの取り方

シミは、ついてすぐ取るのがポイントです。ついてすぐなら比較的簡単に取れますが、時間が経つにつれて、除去が難しくなります。シミ抜きは、生地を傷めないよう、根気よく、ていねいに行いましょう。

念入りおそうじ

油性(油溶性)のシミの場合

明らかに油性のシミとわかっている場合の方法です。油性のシミには、食用油、バター、油性マジックなどがあります。

【用具】
ヘアーブラシ・掃除機・スプレー式容器・白地のタオル・ぞうきん・バケツ・ゴム手袋

【薬剤】
ベンジン、またはマニキュア除光液

【準備】

換気
窓を開け、風通しをよくします。

ゴム手袋
洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。液がたれないよう端の部分を少し折り返します。

【色落ちの有無の確認】
あらかじめ、白い布にベンジン、またはマニキュア除光液をつけ、カーペットの目立たない所に押しつけます。
布に色がついていなければ、色落ちしないので、次の手順へ。
※色落ちする場合、この方法は避けてください。

あらかじめ、白い布にベンジン、またはマニキュア除光液をつけ、カーペットの目立たない所に押しつけます。

1シミの周囲のカーペットを、手でさわって、色が濃くなる方向にヘアーブラシをかけ、パイル(毛足)を起こし、奥にもぐり込んでいるホコリを浮き上がらせます。

アドバイス
毛足の短いものなら、ヘアーブラシの代わりに洋服ブラシを使うこともできます。

2色が濃くなる方向に、掃除機をかけます。

輪ジミをつくらないため、スプレーでシミのまわりを水で湿らせます。

3輪ジミをつくらないため、スプレーでシミのまわりを水で湿らせます。

注意
いきなり洗剤をつけると輪ジミの原因になります。必ずシミのまわりを水で湿らせてから行いましょう。

4白地のタオルに、ベンジン、またはマニキュア除光液をつけ、シミの部分に押しつけます。

5シミの色がタオルに移ったら、この作業を根気よく、シミの色がなくなるまで続けます。

注意
ゴシゴシこするとシミが広がってしまいます。力を入れないようにして、軽く何度も繰り返し行ってください。

6水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや溶剤分を拭き取ります。

アドバイス
手でさわって色が濃くなる方向に、ヘアーブラシをかけ、カーペットの毛足を整えておきます。

この方法を行って、まだシミが残るような場合は、→「どうしても取れないシミの場合」へ。

トップに戻る

水性(水溶性)のシミの場合

明らかに水性のシミとわかっている場合の方法です。水性のシミには、お茶類、果物の汁、インクなどがあります。

【用具】
ヘアーブラシ・掃除機・スプレー式容器・白地のタオル・ヘラ・ぞうきん・バケツ・ゴム手袋

【薬剤】
カーペット用洗剤

【準備】

換気
窓を開け、風通しをよくします。

ゴム手袋
洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。液がたれないよう端の部分を少し折り返します。

【色落ちの有無の確認】
あらかじめ、白い布にカーペット用洗剤をつけ、カーペットの目立たない所に押しつけます。
布に色がついていなければ、色落ちしないので、次の手順へ。
※色落ちする場合、この方法は避けてください。

シミの周囲のカーペットを、手でさわって、色が濃くなる方向にヘアーブラシをかけ、パイル(毛足)を起こし、奥にもぐり込んでいるホコリを浮き上がらせます。

1シミの周囲のカーペットを、手でさわって、色が濃くなる方向にヘアーブラシをかけ、パイル(毛足)を起こし、奥にもぐり込んでいるホコリを浮き上がらせます。

アドバイス
毛足の短いものなら、ヘアーブラシの代わりに洋服ブラシを使うこともできます。

2色が濃くなる方向に、掃除機をかけます。

白地のタオルをカーペットに当て、ヘラなどで洗剤を絞り出すようにしながら、汚れをかき出すようにしてタオルに吸い取らせます。

3輪ジミをつくらないため、スプレーでシミのまわりを水で湿らせます。

注意
いきなり洗剤をつけると輪ジミの原因になります。必ずシミのまわりを水で湿らせてから行いましょう。

4シミの部分に、カーペット用洗剤をたっぷりスプレーします。

5白地のタオルをカーペットに当て、ヘラなどで洗剤を絞り出すようにしながら、汚れをかき出すようにしてタオルに吸い取らせます。

6シミの色がタオルに移ったら、この作業を根気よく、シミの色がなくなるまで続けます。

注意
ゴシゴシこするとシミが広がってしまいます。ヘラなどで、外から内へ、すくうようにして移し取るのがコツ。

7水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。

アドバイス
手でさわって色が濃くなる方向に、ヘアーブラシをかけ、カーペットの毛足を整えておきます。

この方法を行って、まだシミが残るような場合は、→「どうしても取れないシミの場合」へ。

トップに戻る

両性または種類不明のシミの場合

両性のシミ、または種類がわからないシミの場合の方法です。
両性のシミには、チーズ、チョコレート、ミルクなどがあります。両性のシミや、何のシミかわからない場合は、「油性のシミの場合」を行い、取れなければ「水性のシミの場合」を行います。反対にするとシミが取れなくなりますのでご注意ください。

【用具】
ヘアーブラシ・掃除機・スプレー式容器・白地のタオル・ぞうきん・バケツ・ヘラ・ゴム手袋

【薬剤】
ベンジン、またはマニキュア除光液・カーペット用洗剤

【準備】

換気
窓を開け、風通しをよくします。

ゴム手袋
洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。液がたれないよう端の部分を少し折り返します。

【色落ちの有無の確認】
あらかじめ、白い布にカーペット用洗剤をつけ、カーペットの目立たない所に押しつけます。
布に色がついていなければ、色落ちしないので、次の手順へ。
※色落ちする場合、この方法は避けてください。

輪ジミをつくらないため、スプレーでシミのまわりを水で湿らせます。

1シミの周囲のカーペットを、手でさわって、色が濃くなる方向にヘアーブラシをかけ、パイル(毛足)を起こし、奥にもぐり込んでいるホコリを浮き上がらせます。

アドバイス
毛足の短いものなら、ヘアーブラシの代わりに洋服ブラシを使うこともできます。

2色が濃くなる方向に、掃除機をかけます。

3輪ジミをつくらないため、スプレーでシミのまわりを水で湿らせます。

白地のタオルに、ベンジン、またはマニキュア除光液をつけ、シミの部分に押しつけます。

注意
いきなり洗剤をつけると輪ジミの原因になります。必ずシミのまわりを水で湿らせてから行いましょう。

4白地のタオルに、ベンジン、またはマニキュア除光液をつけ、シミの部分に押しつけます。

5シミの色がタオルに移ったら、この作業を根気よく、シミの色がなくなるまで続けます。

注意
ゴシゴシこするとシミが広がってしまいます。力を入れないようにして、軽く何度も繰り返し行ってください。

6これで完全にシミが取れた場合は、水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや溶剤分を拭き取ります。

アドバイス
手でさわって色が濃くなる方向に、ヘアーブラシをかけ、カーペットの毛足を整えておきます。

7まだシミが残っている場合は、シミの部分に、カーペット用洗剤をたっぷりスプレーします。

8白地のタオルをカーペットに当て、ヘラなどで洗剤を絞り出すようにしながら、汚れをかき出すようにしてタオルに吸い取らせます。

9シミの色がタオルに移ったら、この作業を根気よく、シミの色がなくなるまで続けます。

注意
ゴシゴシこするとシミが広がってしまいます。ヘラなどで、外から内へ、すくうようにして移し取るのがコツ。

10水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。

アドバイス
手でさわって色が濃くなる方向に、ヘアーブラシをかけ、カーペットの毛足を整えておきます。

白地のタオルをカーペットに当て、ヘラなどで洗剤を絞り出すようにしながら、汚れをかき出すようにしてタオルに吸い取らせます。

この方法を行って、まだシミが残るような場合は、→「どうしても取れないシミの場合」へ。

トップに戻る

どうしても取れないシミの場合

溶剤や洗剤を試しても残るシミは、漂白剤を使って取るしかありません。
生地をなるべく傷めないよう、酸素系漂白剤、または酸素系漂白剤液体タイプを使用します。ただし、素材が毛や絹、それらの混紡のものには、この方法は使えませんのでご注意ください。

【用具】
台所用ラップ・白い布・ドライヤー・ブラシ・ぞうきん・バケツ・ゴム手袋

【薬剤】
酸素系漂白剤

【準備】

換気
窓を開け、風通しをよくします。

ゴム手袋
洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。液がたれないよう端の部分を少し折り返します。

まず、ドライヤーを温風にセットし、10cm程度離して、湿布した部分を温めます。次に、カットしてある台所用ラップを貼りつけます。

1台所用ラップを、シミよりも大きめにカットします。

240〜50℃くらいのお湯に、酸素系漂白剤を表示通りに溶かし、漂白剤溶液をつくります。(目安はお湯2リットルに対して8gです)。

3漂白剤溶液に浸しゆるく絞った白い布で、シミの部分を湿布します。

40〜50℃くらいのお湯に、酸素系漂白剤を表示通りに溶かし、漂白剤溶液をつくります。(目安はお湯2リットルに対して8gです)。

アドバイス
酸素系漂白剤の代わりに酸素系漂白剤液体タイプも便利です。
この場合は、原液をそのままシミにつけます。白い布は、キッチンペーパーやティッシュペーパーでも代用できます。

4まず、ドライヤーを温風にセットし、10cm程度離して、湿布した部分を温めます。次に、カットしてある台所用ラップを貼りつけます。

5そのまま30分ほど放置した後、ラップと白い布をはがし、ブラシでタテ・ヨコ・ナナメにこすってシミを落とします。

アドバイス
漂白剤が飛び散らないよう注意して行いましょう。

6水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや漂白剤を拭き取ります。

アドバイス
手でさわって色が濃くなる方向に、ヘアーブラシをかけ、毛足を整えておきます。

この方法を行って、まだシミが残るような場合は、除去できません。

トップに戻る
おそうじ大辞典では日々の掃除の情報から念入りお掃除のヒントまで様々な情報を提供しています。