• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

ホーム > くらしのお役立ち情報 > おそうじ(お掃除)大辞典 > おそうじのコツ:床 > ガムの取り方【念入りおそうじ】

おそうじ大辞典 ダスキンおそうじノウハウがいっぱい

ふだんと念入りのおそうじレシピ おそうじのコツ

ガムの取り方

フローリングにこびりついてしまったガムは、ヘラなどで削りとるしか手はありません。しかし、そのまま行っても取れにくく、床を傷めてしまう心配もあります。あらかじめ氷で固めてから行うのがコツです。

念入りおそうじ

【用具】
氷・ヘラ・ぞうきん・ゴム手袋

【薬剤】
ベンジン、またはマニキュア除光液

【準備】

換気
窓を開け、風通しをよくします。

ゴム手袋
洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。液がたれないよう端の部分を少し折り返します。

1ガムを、氷で固めます。

2ヘラで、ガムを削り取ります。

アドバイス
ヘラは、床面に対して45度くらいの角度に当て、キズをつけないよう注意して行います。フローリング、クッションフロア、Pタイルなどは、ほとんどこの段階で取れます。

ガムを、氷で固めます。

3カーペットやタタミの場合、ヘラで取りきれなかった所は、ぞうきんに、ベンジン、またはマニキュア除光液をつけて、拭き取ります。

注意
ベンジンやマニキュア除光液でビニールクロスなどが溶ける場合は、使用を中止してください。また素材によっては、色落ちすることがありますので、確認してから行ってください。

ヘラは、床面に対して45度くらいの角度に当て、キズをつけないよう注意して行います。フローリング、クッションフロア、Pタイルなどは、ほとんどこの段階で取れます。
トップに戻る
おそうじ大辞典では日々の掃除の情報から念入りお掃除のヒントまで様々な情報を提供しています。