• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

ホーム > くらしのお役立ち情報 > おそうじ(お掃除)大辞典 > おそうじの基礎:洗剤と洗浄剤 用途と特徴

おそうじ大辞典 ダスキンおそうじノウハウがいっぱい

知ってると役に立つ おそうじの基礎

洗剤と洗浄剤

用途と特徴

たとえば、キッチンの頑固な油汚れなら、洗浄力の強いアルカリ性洗剤で
落とす。ガスレンジのこげつきはクレンザーで。
トイレの黄ばみには酸性タイプの洗浄剤を使う。という具合に、汚れの種類や状態によって、使う洗剤や用具が変わってきます。

1. 洗剤は必要なものだけセレクトする

洗剤は必要なものだけセレクトする

住まいの洗剤をちょっと挙げるだけでも、台所用、住居用、浴室用、トイレ用…といろいろ。さらに場所別だけじゃなく、油汚れ用、カビ用など汚れの種類に合わせて細かく分類されています。でも、これをみんな揃えなくちゃいけない、ということはありません。
なぜなら、ついてすぐの汚れの場合、たいていは洗剤なしでも、水やお湯で落とすことができるからです。つまり、汚れたらすぐおそうじを実行していれば、強力な洗剤はほとんど必要ないってこと。それに、1日中家にいる時と、外に出ている時では、住まいの汚れ方も違ってくるはず。だから、おそうじの回数や家の汚れ具合に応じて、最低限必要なものからムダなく揃えていくようにしましょう。

2. 「酸性」「中性」「アルカリ性」の用途はどう違うの?

「酸性」「中性」「アルカリ性」の用途はどう違うの?

アルカリ性の洗剤は、しつこい油汚れに効果を発揮。一方、酸性の洗剤は、尿石や石けんカスなどの汚れに強いのが特徴。だから、トイレ用洗剤の場合、普段のおそうじには中性を、頑固な汚れには強力な酸性を、というように落としたい汚れに合わせて使い分けましょう。

3. マイルドな洗剤から段階的に試していく

マイルドな洗剤から段階的に試していく

ラクしてキレイにしたいといっても、いきなり洗浄力の強い洗剤を使うのは問題。強い洗剤は効果が高い分だけ、リスクも大きいからです。特に、酸性やアルカリ性の洗剤は注意が必要。汚れは落とせても、材質を傷めてしまったり、手荒れの原因になったりします。まずマイルドな中性洗剤で試して、それでダメなら、もう少し強力なものを使う。というように、汚れの落ち具合と材質への影響をチェックしながら、順々に試してみて。

4. 洗剤を使った後はしっかり水拭きを

洗剤を使った後はしっかり水拭きを

洗剤成分が残ったままだと、材質を傷める恐れが…。だから、洗剤を使った後は必ず水拭きをしておくこと。これはマイルドな洗剤を使用したときでも同じ。長時間放置すると、材質が変色する場合があります。「二度拭きが不要」という洗剤も、もう一度水で拭いておくほうが、より安心です。

トップに戻る
おそうじ大辞典では日々の掃除の情報から念入りお掃除のヒントまで様々な情報を提供しています。