• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

ホーム > くらしのお役立ち情報 > おそうじ(お掃除)大辞典 > おそうじのコツ:床 > こぼした液体の取り方(とっさの処理)【念入りおそうじ】

おそうじ大辞典 ダスキンおそうじノウハウがいっぱい

ふだんと念入りのおそうじレシピ おそうじのコツ

こぼした液体の取り方(とっさの処理)

汚れは時間が経つと、取れにくくなります。素早く処置することが大切。ゴシゴシこするとかえって汚れが広がってしまいます。乾いたタオルを当て、トントンと、たたいて汚れを移し取るようにするのがコツです。

念入りおそうじ

【用具】
白地のタオル・ぞうきん・バケツ・ゴム手袋

【薬剤】
場合によっては、ベンジン、またはマニキュア除光液

【準備】

換気
窓を開け、風通しをよくします。

ゴム手袋
洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。液がたれないよう端の部分を少し折り返します。

1こぼした液体の上に乾いたタオルを当て、こぶしでトントンとたたいて、タオルに汚れを移し取ります。

注意
濡らしたタオルを使うと、かえってシミが広がってしまいます。乾いたタオルを使う時も、ゴシゴシこするとシミが広がってしまいますので、注意してください。

2たたいた部分が湿ってきたら、タオルの乾いた面を使って、液体の水分がなくなるまで、根気よく繰り返します。

こぼした液体の上に乾いたタオルを当て、こぶしでトントンとたたいて、タオルに汚れを移し取ります。

3こぼした液体が、油性(食用油、バターなど)の場合は、白地のタオルにベンジン、またはマニキュア除光液をつけ、シミの部分に押しつけます。シミの色がタオルに移ったら、シミの色がなくなるまで、根気よく繰り返します。

水性(酒、ジュース、コーヒーなど)の場合は、きれいな水をシミの上に少量だけかけ、素早く乾いたタオルで、水といっしょに汚れを吸い取ります。タオルの乾いた面を使って、シミの色がなくなるまで、根気よく繰り返します。

注意
かける水は少量にし、素早く吸収させてください。水をたくさんかけすぎたり、吸い取りが遅れると、かえってシミを広げることになります。

4水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや溶剤分を拭き取ります。

アドバイス
手でさわって色が濃くなる方向に、ヘアーブラシをかけ、カーペットの毛足を整えておきます。

5よく乾燥させます。

時間がたってしまった場合は、→「カーペットのシミの取り方」へ。

トップに戻る
おそうじ大辞典では日々の掃除の情報から念入りお掃除のヒントまで様々な情報を提供しています。