• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

ホーム > くらしのお役立ち情報 > おそうじ(お掃除)大辞典 > おそうじの基礎:対象面の材質 素材のタイプを確かめよう

おそうじ大辞典 ダスキンおそうじノウハウがいっぱい

知ってると役に立つ おそうじの基礎

対象面の材質

素材のタイプを確かめよう

天井、壁、床、そして各種の家具など、住まいには、さまざまな素材が使われています。
あらかじめその素材がどんなタイプか、おそうじを始める前に確かめておきましょう。
知らないままおそうじをして、かえって汚れを広げる結果になることもあります。

1. 素材のタイプを簡易に確かめる方法

特に大事なのは、素材が「水を吸う」か「吸わないか」を知っておくことです。水を吸い込む素材か、はじく素材かによって、おそうじの仕方が全然違ってきます。確かめるには、次のようにします。

素材のタイプを簡易に確かめる方法

おそうじしようとする面に、水滴を落とします。すっと吸い込めば、水を吸う素材です。壁などで、水滴が落とせない場合には、スポイトやスプレーを使って確かめます。

※プリント合板などのように、一見木のように見えても紙の場合があるので、慎重に見きわめる必要があります。

2. 水を吸い込む素材のおそうじの基本

水を吸い込む素材のおそうじの基本

水を吸い込む素材の主なものは、紙、布、木材(素木)、しっくい、皮、土壁などです。水や洗剤を使うことは、シミの原因になりますので、原則として避けてください。

3. 水を吸い込まない素材のおそうじの基本

水を吸い込まない素材のおそうじの基本

塩化ビニル、化粧合板、プラスチック、ガラス、金属などは、水を吸い込まない素材で、水や洗剤を使うことができます。
ただし、洗剤によっては、変色するものもあります。
あらかじめ、目立たない箇所に洗剤を少しつけ、変色や色落ちしないことを確かめてからおそうじすると安心です。

トップに戻る
おそうじ大辞典では日々の掃除の情報から念入りお掃除のヒントまで様々な情報を提供しています。