おそうじ大辞典 ダスキンおそうじノウハウがいっぱい

ふだんと念入りのおそうじレシピ おそうじのコツ

キッチン

食器棚(合板など)

合板にはポリエステル合板やメラミン合板があります。
ふだんから、こまめに乾拭きをすることが大切です。
また、水拭きや洗剤拭きをした時も、仕上げは乾拭きをして、よく乾燥させるようにしてください。引き出しの内部が白木(素木)の場合は、水拭きをせず、乾拭きをしてください。

ふだんのおそうじ念入りおそうじ

【用具】
化学モップ、または帯電式のハタキ・ふきん・場合によっては、脚立(踏み台)

【準備】

換気
窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。

1化学モップ、または帯電式のハタキで外側のホコリを取ります。

アドバイス
水拭き・洗剤拭きを嫌う素材には、帯電式のハタキを使用します。

2外側や内側に軽い汚れがある場合は、乾いたふきんで、汚れを拭き取ります。

外側や内側に軽い汚れがある場合は、乾いたふきんで、汚れを拭き取ります。
トップに戻る

念入りおそうじふだんのおそうじ

【用具】
ふきん・洗いおけ・掃除機・化学モップ、または帯電式のハタキ・ゴム手袋・場合によっては、脚立(踏み台)

【薬剤】
住まいの洗剤・ガラス用洗剤

【準備】

換気
窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。

取り出し
中に入っているものを取り出し、終わったら戻します。

ゴム手袋
洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。液がたれないよう端の部分を少し折り返します。

【色落ちの有無の確認】
目立たない箇所で部分的に、水拭き、または洗剤をつけたふきんで拭き、色が落ちるか落ちないかを確かめます。色落ちしない場合には次の手順で。
※色落ちする場合、ホコリをとるだけにとどめます。

内側

1水に浸し固く絞ったふきんで、内側を拭き、すぐに乾拭きをします。

2汚れが取れない場合は、水に浸し固く絞ったふきんに住まいの洗剤をスプレーし、拭きます。その後、水に浸し固く絞ったふきんで、汚れや洗剤分を拭き取り、すぐに乾拭きをします。

アドバイス
レールは、水に浸し固く絞ったふきんの上に割りバシの先、または、つまようじの丸い方をあてがい、レールに残っているホコリやごみを拭き取ります。

水に浸し固く絞ったふきんで、内側を拭き、すぐに乾拭きをします。
トップに戻る

引き出しの内部

1引き出しをすべて取り出します。

アドバイス
床に包装紙やビニールシートを敷きましょう。

2掃除機などで、引き出しのホコリやゴミを吸い取ります。
または、引き出しをひっくり返して裏からたたき、ゴミを出します。

3水に浸し固く絞ったふきんで、引き出しを拭き、すぐに乾拭きをします。

4汚れが取れない場合は、水に浸し固く絞ったふきんに住まいの洗剤をスプレーし、拭きます。
その後、水に浸し固く絞ったふきんで、汚れや洗剤分を拭き取り、すぐに乾拭きをします。

アドバイス
引き出しには紙を敷かないように。
湿気がたまってカビの原因や害虫の隠れ家になることがあります。
敷く場合は専用シートを使いましょう。

トップに戻る

ガラス

1ガラス用洗剤を、ガラス全体に×印に、または※印にスプレーします。

アドバイス
食器棚の付近を、幅広のマスキングテープや包装紙などで養生しましょう。取り外せる場合は、ガラス扉を慎重に外し、庭やベランダなどで行います。

2水に浸し固く絞ったふきんで、まず端を四角く拭き、つぎに中央に向けて、洗剤をのばしながら拭いていきます。

アドバイス
汚れの軽い内側から拭いていきます。

汚れの軽い内側から拭いていきます。

3洗剤が6~7分乾きの時に、乾いたふきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。

注意
洗剤を残しておくと、ニジヤケの原因になり、除去できません。
二度拭きが必要な洗剤かどうか、使用上の注意を確認しておきましょう。

トップに戻る

外側

1扉や引き出しを閉めた状態で、化学モップ、または帯電式のハタキで、外側のホコリを取ります。

アドバイス
水拭き・洗剤拭きを嫌う素材には、帯電式のハタキを使用します。

2水に浸し固く絞ったふきんで、外側を拭いていき、すぐに乾拭きをします。
ふきんは、つねにきれなもの、きれいな面を使うようにします。

トップに戻る
おそうじ大辞典TOPへ
おそうじ大辞典では日々の掃除の情報から念入りお掃除のヒントまで様々な情報を提供しています。
WEBでのお問い合わせ
  • 商品・サービスその他のお問い合わせ