バツマーク

duskin 喜びのタネをまこう duskin 喜びのタネをまこう 組織員向けページへ 組織員向けページへ

DUSKIN FAMILLY
組織員向けページ

おそうじ大辞典 ダスキンおそうじノウハウがいっぱい

  • 知ってると役にたつ おそうじの基礎
  • ふだんと念入りのおそうじレシピ おそうじのコツ
  • 汚れをためないためのおそうじレシピ ついでおそうじ

ふだんと念入りのおそうじレシピ おそうじのコツ

キッチン

ガスレンジ

油汚れ、煮こぼれ、焼けこげなどの汚れがほとんどです。ついてすぐのものは簡単に取れますが、こびりついてくると、だんだん取れにくくなります。つねに早めに汚れを取ることが大切です。

ガスレンジ

ふだんのおそうじ

【用具】
ふきん・洗いおけ・スポンジ・ゴム手袋

【薬剤】
台所用洗剤・ペーパータイプのキッチン用おそうじクロス
または油汚れ用洗剤

【準備】
OFF

OFF
安全のために、ガスの元栓を閉めます。

換気

換気
窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。

取り出し

取り外し
外せる部分は外し、終ったら戻します。

ゴム手袋

ゴム手袋
洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。液がたれないよう端の部分を少し折り返します。

1水に浸し固く絞ったふきんで、拭きます。

2五徳・受け皿・グリル・網など、外せる部分
軽い汚れがある場合は、水で湿らせたスポンジに台所用洗剤をつけてこすり、水をかけながら、汚れや洗剤分を洗い流します。

注意
フッ素加工のものはキズをつけるとはがれます。キズをつけないために、必ず柔らかいスポンジを使ってください。

3本体など、外せない部分
軽い汚れがある場合は、ペーパータイプのキッチン用おそうじクロスで拭きます。または、水に浸し固く絞ったふきんに油汚れ用洗剤をスプレーし、拭きます。
その後、水に浸し固く絞ったふきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。

4乾いたふきんで、水気を拭き取ります。

5よく乾燥させます。

念入りおそうじ

【用具】
ヘラや割りバシ・ふきん・洗いおけ・スポンジ・台所用ラップ・ゴム手袋・場合によってはIH用スポンジ

【薬剤】
酸素系漂白剤・台所用洗剤・油汚れ用洗剤・石けんつきスチールウール
場合によってはペーパータイプのキッチン用おそうじクロス

【準備】
OFF

OFF
安全のために、ガスの元栓を閉めます。

換気

換気
窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。

取り出し

取り外し
外せる部分は外し、終ったら戻します。

ゴム手袋

ゴム手袋
洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。液がたれないよう端の部分を少し折り返します。

【おそうじの進め方】
まず、外せる部分を漂白剤溶液でつけおきします。外せない部分のおそうじは、漂白剤溶液で、つけおきをしている間に行います。

全体的に汚れが軽い場合は、ペーパータイプのキッチン用おそうじクロスで拭き取ります。

洗剤を使用する時は、変色やツヤがなくなったりしないかどうか、あらかじめ目立たない所で試してから行ってください。

天板がガラストッププレートの場合は、IHクッキングヒーターも、参照してください。

外せる部分

1シンクにふきんを敷き、五徳・受け皿・グリル・網など、外せる部分はすべて外し、流し台のシンクに置きます。

2油がこびりついている部分は、ヘラや割りバシなどで、あらかじめ削り落とします。

アドバイス
ヘラは、古いカードやものさしなどでも代用できます。
汚れが柔らかい場合は、綿の古布や新聞紙で汚れを拭き取ります。

3つけおきをするために、シンクの栓をします。ふきんはシンクに敷いたままにしておきます。

アドバイス
ナイロンの大袋の中に溶液をつくり、その中につけこむ方法もあります。
また、シンクに場所がない場合は、大きなプラスチック容器などを使って、つけこむ方法もあります。
汚れが柔らかい場合は、綿の古布や新聞紙で汚れを拭き取ります。

440〜50℃くらいのお湯を、外したものがつかる程度にため、酸素系漂白剤を表示通りに溶かします(目安はお湯2リットルに対して8gです)。さらに台所用洗剤をティースプーン1〜2杯程度加え、漂白剤溶液をつくります。

注意
シンクには、ステンレスの他、アルミやホーローなどがあります。アルミの場合、酸素系漂白剤につけこむと黒っぽく変色することがあります。

5漂白剤溶液の中に、外したものが、完全につかるようにします。

6そのまま15〜20分ほど放置した後、シンクの栓を外して漂白剤溶液を流します。
外したものに汚れが残っている場合は、スポンジで汚れをこすります。

アドバイス
漂白剤溶液を流すことで、排水口内の汚れも落とせます。

7水をかけながら、汚れや漂白剤を洗い流します。シンクの内側も洗います。

8乾いたふきんで、水気を拭き取ります。

9よく乾燥させます。

外せない部分

注意
ガスレンジの状態によっては、おそうじをすることで、汚れと一緒に塗装がはがれることがあります。
これは洗剤が原因ではなく、こびりついた汚れが塗装にくっついてしまい、汚れを取ることによって、塗装も一緒にはがれてしまうためです。

1油がこびりついている部分は、ヘラや割りバシなどで、あらかじめ削り落とします。

アドバイス
ヘラは、古いカードやものさしなどでも代用できます。
バーナーの穴の部分は、金属製のブラシや、金串などを通して、こびりついた汚れを取ります。

2水を浸し固く絞ったふきんに油汚れ用洗剤をスプレーし、外せない部分を拭きます。または、漂白剤溶液に浸し固く絞ったふきんで、拭きます。

アドバイス
ゴム管は、はさむようにして汚れを取ります。
ガススイッチのつまみなど、外せるものは漂白剤溶液につけておくと、簡単に汚れが取れます。

3水に浸し固く絞ったふきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。

4汚れが残っている場合は、台所用ラップを、汚れの部分よりも大きめにカットします。

5汚れの部分に油汚れ用洗剤、または漂白剤溶液を塗り、上から手早く台所用ラップを貼りつけます。

アドバイス
油汚れ用洗剤、または、漂白剤溶液を含ませたキッチンペーパーで、湿布をした上にラップを貼ると、より洗剤が浸透しやすくなります。

6そのまま10〜15分ほど放置した後、ラップをはがし、水に浸し固く絞ったふきんで汚れを拭き取ります。
その後、水に浸し固く絞ったふきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。

7よく乾燥させます。

8焼けこげなどの汚れが残った場合は、水で湿らせた石けんつきスチールウールで、こすり落とします。
その後、外せるものは水をかけながら、汚れや洗剤分を洗い流します。
外せないものは、水に浸し固く絞ったふきんで拭き取ります。

注意
強くこするとキズがつくことがありますので、目立たないところで試してから使用してください。

注意
石けんつきスチールウールを使った後は、シンクにも水をかけ、金属片を洗い流しておきます。
わずかでも金属片が残っていると、サビの原因になります。

おそうじ大辞典では日々の掃除の情報から
念入りお掃除のヒントまで
様々な情報を提供しています。