そのお悩み、解決します!ダスキンのおそうじアドバイス

そのお悩み、解決します!
ダスキンのおそうじアドバイス

2020年9月17日

洗面台は簡単に掃除できる!いつも使う洗面台をキレイにしましょう

手や顔を洗う洗面台。毎日使うからこそ、汚れは知らないうちに溜まっていきます。洗面所の掃除は大変そうなイメージがありますが、実はそれほど手間はかかりません。
今回は洗面ボウルから水洗金具、キャビネット照明器具まで洗面台全体をキレイにする方法をご紹介します。

洗面台が汚れる原因

洗面台が汚れる原因は様々です。洗面台では水を使うため、水に含まれているカルシウムなどの成分が固まった水アカがよく見られるかと思います。また、手を洗ったり歯磨き・洗顔をしたりする際の石鹸カス、皮脂といった汚れも溜まっていきます。汚れを放置しておくと黒ずみやカビが発生し、排水口から悪臭が漂うこともあるため、洗面台のこまめな掃除が必要です。

洗面台を掃除する前の準備

掃除をする際にはいくつかのポイントがあります。以下で紹介するポイントを押さえて、効率的に掃除を進めていきましょう。

  • 掃除をする前には窓を開けたり、換気扇を回したりするなどして換気を良くしておきましょう。
  • 洗剤を使う際は必ずゴム手袋を着用しましょう。着用する際には、液が垂れるのを防ぐため端の部分を外側に少し折り返しておくことがポイントです。
  • ぞうきんを使う場合は、必ずきれいなものを使いましょう。
  • 水に浸して固く絞ったぞうきんはあらかじめ複数枚用意しておくと便利です。水で濡らし、洗濯機でまとめて脱水をすると簡単に用意できます。
  • 物が置いてある場合や取り外せるものがある場合は、掃除前にどかして、掃除後に戻しましょう。
  • 照明器具や照明周辺を掃除する際は、掃除前に照明のスイッチを切りましょう。
  • 床に汚れが落ちるのが気になる場合は、掃除の前に床に古新聞やビニールシートを敷きましょう。

洗面ボウルの掃除方法

ここからは、洗面ボウルの掃除方法を見ていきましょう。普段のお手入れ方法から念入りにお掃除する方法までをご紹介します。ぜひご家庭の掃除の参考にしてください。

1:ふだんのおそうじ

<用具>

メラミンフォームのスポンジ、ぞうきん

<注意事項>

素材によりキズが入る場合がありますのでテストをしてからおこなってください。

<掃除の手順>

1.
水で湿らせたメラミンフォームのスポンジを使って、洗面ボウルをこすります。
2.
ボウルに水をかけ、汚れを洗い流します。
3.
乾いたぞうきんで洗面ボウル全体の水気を拭き取り、掃除完了です。

<掃除のポイント>

  • 洗剤を必要としないスポンジ(アルミ蒸着フィルム製のスポンジなど)を使用する場合は、洗剤を使っての掃除は週1~2回を目安に行う程度で大丈夫です。

2:念入りおそうじ

<用具>

浴室用洗剤(中性タイプ)、クリームクレンザー

<注意事項>

素材によりキズが入る場合がありますのでテストをしてからおこなってください。

<掃除の手順>

1.
水で湿らせたメラミンフォームのスポンジを使って、洗面ボウルをこすります。
2.
取れない汚れは水で湿らせたスポンジに浴室用洗剤をつけ、こすって取ります。
3.
浴室用洗剤を使ってもまだ汚れが残っている場合は、水で湿らせたジーンズ地にクリームクレンザーをつけ、こすりましょう。
4.
最後に水をかけて汚れや残った洗剤を洗い流し、乾いたぞうきんで洗面ボウル全体の水気を拭き取ったら掃除完了です。

<掃除のポイント>

  • アルミ蒸着フィルム製のスポンジに洗剤をつける際は、必ず中性洗剤を使用しましょう。

3:ついでおそうじ

<用具>

アルミ蒸着フィルム製のスポンジなど洗剤不要のスポンジ(もしくはメラミンフォームのスポンジ)

<注意事項>

素材によりキズが入る場合がありますのでテストをしてからおこなってください。

<掃除の手順>

1.
水で湿らせた洗剤不要のスポンジ(もしくはメラミンフォームのスポンジ)を使い、洗面ボウルをこすります。
2.
水をかけて汚れを洗い流し、掃除完了です。

<掃除のポイント>

  • 上記の手順に併せて、乾いたぞうきんで蛇口やシンクの水気も拭いておくと、見た目がきれいに仕上がります。

※上記「ついでおそうじ」は、株式会社ダスキンの登録商標です。(登録第5744384号)

蛇口(カラン)の掃除方法

蛇口がくすんでいると洗面台全体が暗く見えてしまいます。常に、蛇口近くにスポンジを置き、こまめな掃除を心がけましょう。ここでは蛇口の掃除方法をご紹介します。

1:ふだんのおそうじ

<用具>

メラミンフォームのスポンジ、ぞうきん

<注意事項>

素材によりキズが入る場合がありますのでテストをしてからおこなってください。

<掃除の手順>

1.
水で湿らせたメラミンフォームのスポンジで、蛇口と蛇口周辺をこすります。
2.
水をかけて汚れを洗い流し、乾いたぞうきんで水気を拭き取ったらお掃除完了です。

2:念入りおそうじ

<用具>

メラミンフォームのスポンジ、ぞうきん

<薬剤>

クリームクレンザー

<注意事項>

素材によりキズが入る場合がありますのでテストをしてからおこなってください。

<掃除の手順>

1.
水で湿らせたメラミンフォームのスポンジで、蛇口と蛇口周辺をこすります。
2.
取れない汚れがある場合は、水で湿らせたジーンズ地にクリームクレンザーをつけ、汚れた部分をこすりましょう。
3.
水をかけて汚れや残った洗剤を洗い流し、乾いたぞうきんで水気を拭き取ったら掃除完了です。

<掃除のポイント>

  • 水道の根元部分を掃除する際は、メガネ用クロスでこするのがおすすめです。細かい部分の汚れもよく取れます。

3:ついでおそうじ

<用具>

マイクロファイバーのクロス、乾いたぞうきん(もしくは吸水性のいいクロス)

<掃除の手順>

1.
水に浸して固く絞ったマイクロファイバーのクロスで蛇口周辺をこすります。
2.
乾いたぞうきん(もしくは吸水性のいいクロス)で水気を拭き取ったらお掃除完了です。

<掃除のポイント>

  • 細かい箇所は、クロスの両端を両手(右端を右手・左端を左手)で持ち、左右に動かして奥の汚れを取りましょう。

※上記「ついでおそうじ」は、株式会社ダスキンの登録商標です。(登録第5744384号)

キャビネットの掃除方法

キャビネットはホコリや湿気が溜まりやすい場所です。丁寧に掃除し、カビの繁殖を防ぎましょう。

1:ふだんのおそうじ

<用具>

ぞうきん、バケツ

<注意事項>

素材によりキズが入る場合がありますのでテストをしてからおこなってください。

<掃除の手順>

1.
水に浸して固く絞ったぞうきんで、キャビネット全体を拭いていきます。
2.
乾いたぞうきんで水気を拭き取り、よく乾燥させれば掃除完了です。

<掃除のポイント>

  • 汚れに気づいたらその都度、水拭きと乾拭きをしましょう。

2:念入りおそうじ

<用具>

ぞうきん、バケツ、ゴム手袋

<薬剤>

住まいの洗剤

<注意事項>

素材によりキズが入る場合がありますのでテストをしてからおこなってください。

<掃除の手順>

1.
水に浸して固く絞ったぞうきんで拭いていきます。
2.
取れにくい汚れがある場合は、水に浸して固く絞ったぞうきんに住まいの洗剤をつけ、拭きます。その後、水に浸して固く絞ったぞうきんで汚れや残った洗剤を拭き取ります。
3.
乾いたぞうきんで水気を拭き取り、よく乾燥させれば掃除完了です。

<掃除のポイント>

  • 定期的にキャビネットの扉を開けて換気しましょう。
  • 事前に外せる棚は外し、収納品は取り出しておくようにしましょう。
  • 洗剤の種類によってはプラスチック部分が変色したり、ツヤが落ちたりすることがあります。洗剤は目立たない所で試してから使うようにしてください。

照明器具の掃除方法

照明器具のカバー内の汚れは比較的軽いものですが、定期的なお掃除が必要です。ここでは、照明器具の掃除方法をご紹介します。

1:ふだんのおそうじ

<用具>

化学モップ(もしくは帯電式のハタキ)、ぞうきん、バケツ

<掃除の手順>

1.
化学モップ(もしくは帯電式のハタキ)で軽くホコリを取ります。
2.
軽い汚れが見つかった場合は、水に浸して固く絞ったぞうきんで汚れを拭き取りましょう。
3.
最後に乾いたぞうきんで水気を拭き取ります。

2:念入りおそうじ

<用具>

化学モップ(もしくは帯電式のハタキ)、ぞうきん、バケツ、ゴム手袋

<薬剤>

住まいの洗剤

<掃除の手順>

1.
化学モップ(もしくは帯電式のハタキ)で軽くホコリを取ります。
2.
蛍光灯や電灯を外し、水に浸して固く絞ったぞうきんでくるむようにして拭きます。
3.
取れにくい汚れがある場合は、水に浸して固く絞ったぞうきんに住まいの洗剤をつけ、拭きます。その後、水に浸して固く絞ったぞうきんで汚れや残った洗剤を拭き取ります。
4.
乾いたぞうきんで水気を拭き取ります。

<掃除のポイント>

  • 照明カバーは浴室で洗いましょう。水をかけ、水で湿らせたスポンジに住まいの洗剤をつけ、こすります。最後に水をかけ、汚れや洗剤を洗い流しましょう。

プロに頼んで、ピカピカの洗面台に…!洗面所クリーニング

洗面台の気になる汚れを落としたい方は、プロにクリーニングを依頼してみてはいかがでしょうか。ダスキンの洗面所クリーニングは洗面ボウルや蛇口、鏡、さらに小物の汚れまでしっかりと落とし、洗面所全体をクリーニングいたします。

1:洗面所クリーニングの特長

洗濯機や乾燥機表面、ドア、床を含む洗面所全体をプロが徹底的にキレイにするダスキンの洗面所クリーニング。洗面台に関しては、洗面ボウル、蛇口、鏡、キャビネットなど、気になる部分の汚れを細かく丁寧に落とします。さらに、普段のおそうじではなかなか落とせない洗面ボウルの黒ずみや鏡のくすみもキレイに取り除きます。

オプションの「汚れ防止コート」では、フッ素シリコーンを洗面ボウル表面全体にコーティング。汚れがつきにくくなり、キレイな状態をキープできます。

2:洗面所クリーニングの料金

洗面所クリーニングの標準料金は9,460円(税抜8,600円)から。オプションの「汚れ防止コート」は洗面ボウル1台ごとに2,310円(税抜2,100円)となります。また、床面積などによってサービス料金は異なります。

「洗面所を徹底的にキレイにしたい」とお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

\“キレイなおうち”を諦めるその前に/

「ダスキン」でプロのサービスを
利用してみませんか?

プロの技術と専用の薬剤・資器材で、頑固な汚れもすっきりキレイに。『忙しくて本格的なおそうじができない』『汚れが溜まりすぎて自分でお掃除するのが大変……』といった方もお任せください。

洗面所クリーニングサービス
の詳細はこちら

ダスキンのおそうじアイテム

    ページのトップへ

    ページTOPへ

    ▶企業サイトはこちら