• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

害虫獣駆除サービス

害虫駆除・害虫獣駆除サービスのことならおまかせ
ダスキン ターミニックスではゴキブリ、シロアリ、ハチなどの害虫、ネズミやハトなどの害獣を人と環境に配慮した方法で駆除・予防。薬剤をなるべく使用せず、予防管理に重点をおいた「I.P.M(総合的有害生物管理)」を推進しています。
害虫獣駆除サービスをお探しの方へ
  • サービスから探す
  • 虫から探す
  • 場所から探す

サービスから探す

ページのトップへ

虫から探す

  • シロアリ
  • ゴキブリ
  • ネズミ
ヤマトシロアリ
職アリの体長3.5〜6mm。羽アリの体長5〜7mm。職アリと羽アリ、女王アリと補助の羽アリから成るコロニーで生活し、特別な巣を作らず、加害場所が巣となる。
イエシロアリ
職アリの体長3〜5mm。羽アリの体長7〜9mm。働きアリと羽アリ、女王アリと補助の羽アリから成るコロニーで生活し、地中や建築物に塊状の巣を作る。
  • シロアリ駆除サービスへ

閉じる

クロゴキブリ
成虫では、体長が27〜33mm程度。黒褐色で光沢がある。特に識別できる模様はない。屋外に良く見られるが、家屋内にも普通に生息している。
ワモンゴキブリ
日本の屋内性ゴキブリの中でも、最も大型である。体長は成虫で30〜40mm程度。赤褐色で前胸背に黄白色の縁取り(輪紋)がある。下水道や地下室によく見られる。
  • ゴキブリ無料調査(ゴキブリ駆除)へ
  • 害虫駆除定期サービスへ
  • 引越しムシ駆除サービスへ

閉じる

ドブネズミ
体長 320〜460mm。丸い鼻と重量感のある太い胴体。野外、屋内に生息し、巣は土中に穴を掘る場合が多い。屋内では、地下や1階に多い。
クマネズミ
体長 350〜450mm。とがった鼻と細い胴体。屋内に多く、建物上層階まで生息する。巣は建物内部に多い。
ハツカネズミ
体長 150〜190mm。頭も胴体も小さい。野外、屋内に生息し、港湾周辺や農家の倉庫などに多い。
  • ネズミ駆除サービスへ

閉じる

  • ハト
  • チョウバエ
  • ハチ
ハト
オスは約450g、メスは約420g。都市部でよく見られるのはドバトという種類「つがい」で行動し、雨の振り込まない棚状の場所(マンションの室外機の下など)に巣を作る。巣は小枝を雑に組んだ簡単なもので一度作ったら巣からなかなか離れない。
  • ハト飛来防止サービスへ

閉じる

オオチョウバエ
体長は4〜5mm。身体全体は、灰白色。体表には、毛が密生している。羽は菱形、羽の脈の末端には、8個の白点がある。浄化槽や排水溝などの有機質が多い水域で発生する。
  • チョウバエ駆除サービスへ
  • 飛翔害虫駆除システムへ

閉じる

アシナガバチ
体長11〜25mmで5月〜11月頃に発生。通常黄色に茶色の模様がある。巣は紙のような材料でできており、傘を逆さにしたような形をしている。
スズメバチ
体長約17〜45mmで、5月〜12月頃に発生。腹部に黄色と黒が交互になった模様がある。巣は紙のような材料でできており、極めて大きくなることがある。
ミツバチ
体長12〜20mm。殆どのミツバチのコロニーは養蜂業者が管理する巣箱の中にある。屋根裏の壁や軒、床下に定着することがある。
  • ハチ駆除サービスへ

閉じる

  • クロアリ
  • クモ
  • ダンゴムシ
イエヒメアリ
成虫の体長は、約2.5mmである。フタフシアリ亜科の黄色〜赤褐色のアリ。建物の壁の内部、空洞、回り縁の裏、冷蔵庫の断熱材、段ボール、植木鉢の土の中などに営巣する。コンセントやスイッチプレートも、営巣に好適な場所である。
アルゼンチンアリ
体長は約2mm。ヒトフシアリ科の茶褐色のアリ。通常のアリと異なり、女王アリが多い。巣同士が敵対しないで融合する。気温が5度から35度の範囲で活動し冬眠はしない。
  • 害虫駆除定期サービスへ

閉じる

カバキコマチグモ
体長メス12mm、オス8mm前後。橙色ないし黄褐色、牙の基部には毒線をもつ。草むらに多く住んでいて、人家の庭や山道にもいる。
セアカゴケグモ
メス:体長10mm。脚を広げると30mm。黒色で腹部背面にオレンジ色のマーク(砂時計の形状)が見られる。
オス:体長3〜5mm。頭胸部や脚は褐色、腹部背面は灰白色。黒紋が2列に並ぶ。排水構内や鉄柵の下、虫などの餌があり、日中日当たりのよい、低い場所に生息する。
  • 害虫駆除定期サービスへ

閉じる

ダンゴムシ
体長13mm、胸部に8対、腹部に5対の脚を持っているエサは朽ち木、枯れ葉、植物の根や虫の死骸。昼間は石の下などに隠れ、夜に活動する。冬は土の中に潜って冬眠する。
  • 害虫駆除定期サービスへ

閉じる

  • ナメクジ
  • ムカデ
  • ヤスデ
ナメクジ
体長約70mm。カタツムリとは近縁で、茶褐色で、体の前端に近い背中に長楕円形の肉枝がある。1対の大触角と小触角をもち、大触角の先端には眼がある。雨の多い春と秋に体数は多い。夜行性。
  • 害虫駆除定期サービスへ

閉じる

ムカデ
体長は110〜130mm。40〜50の体節は平たく、それぞれに一対の脚を持つ。「百本脚」とよく呼ばれる。頭部は赤褐色、脚は淡黄色。
  • 害虫駆除定期サービスへ

閉じる

ヤスデ
体長18〜20mm。多くの脚を持っているため「千本脚」とよく呼ばれる。褐色であるが、黒色〜明るい褐色まである。腐植質や菌類を食料とし、腐った植物のある場所にいる。
  • 害虫駆除定期サービスへ

閉じる

  • ハエ・コバエ・ノミバエ
  • トコジラミ
  • ユスリカ
イエバエ
体長は6〜8mm。灰色ないし黒で、胸部には4本の黒い縞がある。腐敗した動物の排泄物で繁殖することを好むが、生ゴミや野菜くずの中にも発生する。
キイロショウジョウバエ
体長は2〜2.5mm。黄赤色で、胸部背面には、黒色の短毛が生えている。発生源は腐敗した果実や野菜、ぬか味噌などである。成虫はこれらの醗酵臭に誘引され、幼虫はこれらに繁殖するイーストを食する。
ノミバエ
体長約3mm。くすんだ色をしており、体は黒い。羽は後部に3本の翅脈があるが、交差する翅脈は無い。ゴミ箱や下水溝の中の残飯が、最も多く見られる繁殖場所である。
  • 飛翔害虫駆除システムへ

閉じる

トコジラミ
体長は卵・幼虫(約1mm)、成虫(5〜8mm前後)。色は卵:白色、幼虫:クリーム色、成虫:赤茶色体形は楕円形主に人が寝るベッドやふとんの周辺、割れ目やすき間に生息している。
  • トコジラミ駆除サービスへ

閉じる

セスジユスリカ
体長は6〜10mm、成熟した幼虫は約15mm。緑色のものが多く、胸部背面に褐色のスジがあり、腹部背面にも各節に黒斑があり尾端に行くほど濃く、太くなっている。都市河川や下水溝、浄化槽などから大量発生することがある。
  • 飛翔害虫駆除システムへ

閉じる

ページのトップへ

場所から探す

ページのトップへ

人気ランキング

集計期間:2016/7/1(金)〜2016/7/15(金)
当サイトにてお申し込みいただいたサービスの集計

店舗一覧

北海道・東北エリア
関東エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 信越・北陸
  • 東海
  • 近畿
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄
  • よくあるご質問 皆様からお寄せいただいたご質問にお応えしています。
  • サービスを探す
  • 満足の保証書について
  • あなたの声が原点です。私たちは、そのお声とともに歩み続けます。

庭木のお手入れサービスはこちら お庭や庭木の健康的な緑を管理するサービスです。

ページのトップへ

  • お掃除用品・お掃除サービスのことならダスキン。
  • Copyright(c) DUSKIN CO., LTD. All Rights Reserved.