心も育つ。グリーンのある生活
vol.02

お家で手軽に野菜を収穫!
水耕栽培の楽しみ方

土などを使用せず、液体肥料を使って植物を育てる「水耕栽培」をご存知ですか?
植物の成長を楽しみながらも、自宅で簡単に野菜を収穫できるとして注目されている栽培法です。今回は、約4週間でベビーレタスやサンチュなどの新鮮野菜が収穫できるダスキンの「水耕生活」セットを使って、水耕栽培の楽しみ方をご紹介します。

水耕生活 って
どういうもの?

水耕栽培ってどういうもの?

「水耕栽培器本体」(レンタル)と「栽培キット」がセットになったダスキンの「水耕生活」。水と液体肥料を満たした水耕栽培器本体に、栽培スポンジをセットしてお好みの野菜の種をまけば約4週間後に新鮮野菜を収穫することができます。

水耕栽培ってどういうもの?

日が当たらない場所でも成長できるように白色LED照明が付いていたり、新鮮な空気を送り込むファンやエアポンプが付いているので、1年中栽培を楽しむことができます。

「水耕生活」の紹介ページはこちら
  • 水耕栽培器本体

    水耕栽培器本体(レンタル)

    水耕栽培器本体には、以下のパーツが同梱されています。
    本体のサイズは、幅544mm×奥行き262mm×高さ305mmです。

    ・電源コード
    ・ACアダプター
    ・栽培ケース
    ・苗床パネル
    ・エアチューブ

    ・エアストーン
    ・水位フロート
    ・ネジ(2台以上積み重ねる場合のみ使用)
    ・取り扱い説明書
    ・スタートガイド

    水耕栽培器本体の組み立てはこちら
  • 栽培キット

    栽培キット

    栽培キットには、以下のものが同梱されています。
    今回は7種類のベビーリーフをミックスした「ベビーレタスミックス」の栽培にチャレンジします。

    ・種
    ・栽培スポンジ
    ・液体肥料(3袋)
    ・種の情報誌

水耕生活 」が
楽しいポイント

土を使わない栽培法のためお部屋が汚れる心配もなく、観葉植物のように楽しめます。選んだ種が4週間ごとに届くシステムなので、次々と野菜を収穫できるのもポイントです。

  1. 1

    point1 新鮮野菜が約4週間で収穫できる

    1

    新鮮野菜が
    約4週間で収穫できる

    土を使わず、養液と照明だけで育つ水耕生活。成長スピードは土壌栽培を大きく上回るので、どんどん収穫できる楽しみがあります。また、季節を問わず1年通して収穫できるのもうれしいポイントです。

  2. 2

    point2 お部屋を汚さず、お手入れも簡単

    2

    お部屋を汚さず、
    お手入れも簡単

    土を使わないので、種まきや植え替え時に、お部屋が汚れる心配もありませんし、半密閉構造のケースなので、虫やホコリなどが入りにくく衛生的。種まきの後は養液補充と間引き、植え替えだけなので、お手入れも簡単です。

  3. 3

    point3 お子さまの自由研究にもぴったり

    3

    お子さまの
    自由研究にもぴったり

    種をまいて、成長を観察し、収穫した野菜をいただく。お子さまにとっては、「食育」として貴重な体験になります。観察日記をつければ立派な自由研究になりますので、ぜひ活用してみてください。

    「水耕生活」観察日記はこちら

成長を見るのが
楽しくなる野菜の観察

種をまいてから数日で芽が出て、ぐんぐん成長していくので、観察が楽しい日課になります。
ベビーレタスミックスの成長から収穫までを見てみましょう。

※育てる野菜の種類、環境によって成長のスピードに差があります。

  1. 1

    1日目 種まき

    種まき

    種を栽培スポンジのくぼみの真ん中に入れます。軽く上からまくだけで問題ありません。

  2. 1日目 種まき

    点灯・消灯時間のタイマーを設定したら、モードボタンを押して発芽モードにセット。最後に、一番右の電源ボタンを押して橙色に点灯したら、運転開始です。

  3. 3

    3日目

    種まきから3日後。ベビーレタスミックスが発芽し始めました!

  4. 7

    7日目

    種まきから1週間後。ベビーレタスの種類の違いがわかるように成長してきました。成長が早いので、毎日観察するのも楽しくなってきます。

  5. 8

    8日目 間引き

    間引き

    発育にばらつきが見られます。芽が出ていないものや発育が悪いものを取り除く「間引き」を行います。

  6. 8日目 間引き

    写真左は発芽していないもの、写真中は正常な発育状態、写真右は比較的に発育の悪いものです。

  7. 8日目 間引き

    発育の悪いものや芽が出ていないものは、スポンジごと取り除きます。目安として、14〜20株を残します。

  8. 8日目 間引き

    間引きをした後は、野菜が大きく育つよう間隔を開けるようにして苗の場所を配置し直します。

  9. 8日目 間引き

    空いている苗床には、苗床フタをしましょう。

  10. 12

    12日目

    ベビーレタスが立派に育ってきました。間引きしたことによって、横に広がるようにぐんぐん成長しています。

  11. 18

    18日目 養液を足します

    養液を足します

    養液がなくならないよう水位フロートを確認しましょう。水位フロートが赤ラインに近づいたら養液を足します。

  12. 18日目 養液を足します

    水道水を2Lのペットボトルに入れ、液体肥料1袋を溶かします。

  13. 18日目 養液を足します

    苗床フタをはずして、少しずつ養液を入れていきます。水位フロートの青線が見えたら満水です。

  14. 18日目 養液を足します

    養液が満水であれば、青ラインが見えています。

  15. 21

    21日目 いよいよ収穫

    いよいよ収穫

    前扉を開けるとあふれ出るほど成長したので、ベビーレタスミックスを収穫します。
    苗の根元からハサミでカットしましょう。

  16. 21日目 いよいよ収穫

    たっぷりのベビーレタスミックス(キク科)が収穫できました。苦味が少なく口当たりの良いベビーレタスミックスは、サラダにぴったりです。

    「ベビーレタスミックス」の

    おすすめレシピはこちら

「水耕栽培」で
おすすめの野菜 を紹介

  • ケール

    ケール

    「青汁」の原料としても有名なケール(アブラナ科アブラナ属)。栄養価が高く「野菜の王様」とも言われるケールは、炒め物にもおすすめです。

    「ケール」のおすすめレシピはこちら
    「ケール」のおすすめレシピはこちら
  • サンチュ

    サンチュ

    焼肉に包んで食べることで知られるサンチュ(キク科アキノゲシ属)。葉が大きくてボリュームのあるサンチュは、ほのかな苦味とシャキッとした歯ごたえが特長です。

    「サンチュ」のおすすめレシピはこちら
    「サンチュ」のおすすめレシピはこちら

その他の
おすすめの野菜

  • わさび菜

    ピリッとした辛味が特徴の
    「わさび菜」

  • サラダミニ白菜

    葉肉が柔らかい
    「サラダミニ白菜」

  • ロメインレタス

    シーザーサラダにぴったりな
    「ロメインレタス」

  • 水菜

    お鍋で活躍する
    「水菜」

  • ピノグリーン(小松菜)

    ジューシーな味わいの
    「ピノグリーン(小松菜)」

  • スイートバジル

    使い方いろいろの
    「スイートバジル」
    など全15種類。

まだまだたくさんの野菜をラインナップ!

水耕生活で育てられる野菜はこちら

水耕栽培
楽しんでみてください

水耕栽培の楽しみ方をご紹介しましたが、いかがでしたか?
種をまいて成長を観察し、収穫して野菜を食べるという行程はなかなか体験できることではありませんよね。野菜を育てる趣味としても楽しめますし、お子さまへの食育にもつながりますので、ぜひご家庭で「水耕栽培」を楽しんでみてください。

ダスキンの水耕生活はこちら

ページTOPへ

チャットでお問い合わせ WEBでのお問い合わせ
  • 商品・サービスその他のお問い合わせ
チャットでお問い合わせ WEBでのお問い合わせ 商品・サービスその他のお問い合わせ