ムカデに咬まれたらどうする?対処法と咬まれないための対策

2021年2月1日

ムカデに咬まれたらどうする?対処法と咬まれないための対策

強い毒を持ったムカデは、咬まれてしまうと時には命に関わることも。重症化するかどうかは、咬まれた直後の処置に大きく左右されます。ムカデに咬まれた時の正しい処置方法や、咬まれないための対策について学びましょう。

目次

ムカデとは

漢字では「百足」と書くムカデですが、正確には脚は100本ではありません。ムカデは一つの体節に一対の脚があります。体節の数は必ず奇数で、脚は15対の場合もあれば171対以上の場合もあり、ムカデの種類により脚の数は異なります。

また、ムカデは捕食性の虫です。眼が良くない代わりに触覚を使って、動く獲物にすばやく反応します。ムカデの好物はゴキブリやクモ、コオロギ、ミミズなど。家屋に棲む虫を好んで食べるため、餌を求めて家屋に侵入したりします。

一方で夜行性のため、日中はあまり姿を見かけません。暖かく湿った場所を好み、日中はジメジメした落ち葉や石の下でじっと過ごしています。

活動時期は春から秋にかけてであり、冬場は冬眠しています

ムカデに咬まれる原因

ムカデが突然咬みついてくることは基本的になく、何らかの刺激を与えることで咬みつきます。
例えば、布団の中に潜んでいるムカデの存在に気づかず蹴ってしまったり、靴の中に隠れていたムカデを踏んでしまったりした場合です。

ムカデに咬まれたときに出る症状

それでは、ムカデに咬まれてしまうと一体どんな症状が出るのでしょうか。

ムカデに咬まれたときの症状

ムカデに咬まれると、咬まれた箇所に激痛が走り、赤く腫れ上がります。痛みは数時間ほどで治まりますが、咬まれた箇所にしびれやかゆみが生じる場合もあります。まれに、発熱やめまいといった全身症状が出ることもあります。

アナフィラキシーショックに注意

ムカデに咬まれると、アナフィラキシーショックと呼ばれる急性アレルギー反応が起きる可能性があります。アナフィラキシーショックとは、「アレルギー物質が体内に入りこむことで起こる血圧低下や失神、じんましんなどの重症反応」のことです。場合によっては命に危険が及ぶこともあります。

一度ムカデに咬まれたことのある人は、二回目以降に咬まれるとアナフィラキシーショックになりやすいとされます。一度咬まれると体の中に抗体ができ、アレルギー物質に対して過剰に反応してしまうためです。万一、アナフィラキシーショックとみられる症状が出た場合は迷わず救急車を呼びましょう。

何故、ムカデに咬まれると痛みが激しいの?

ムカデの毒には「セロトニン」や「ヒスタミン」といった成分が含まれています。ムカデに咬まれるとこの毒が体内に入り、激しい痛みが発生し、赤く腫れるなどの症状が出てきてしまいます。

ムカデに咬まれたときの対処法

ムカデに咬まれた場合、迅速に正しい対応をすることが大切です。ここからは対処法を紹介していきます。

水で患部を洗う

ムカデに咬まれたら、すぐに水でしっかり患部を洗い流しましょう。

45℃弱のお湯で洗い流す方法がよく紹介されていますが、お湯を使うことで血流が良くなり、毒が体内に回ってしまう原因になる可能性があります。そのため、お湯よりも水で洗い流すようにしましょう。

薬を塗る

患部を十分に洗い流したら、抗ヒスタミン成分を含んだステロイド軟膏を塗ってください。様子をみて、腫れがひかない場合はなるべく早く病院に行って診察してもらいましょう。

毒を吸い出す方法

毒を口で吸い出すという対処法は非常に危険です。これは毒を飲んでいるのに等しい行為で、口内の炎症・腫れ・嘔吐・呼吸障害といった危険な症状につながる可能性があります。口の中に傷があると、そこから毒が広がり、さらに悪化してしまうこともあり得ます。毒を吸い出す時には、必ず「インセクトポイズンリムーバー」という専用の器具を使うようにしましょう。

ムカデに咬まれないための対策

ムカデに咬まれないためには、家でムカデと出会わないようにすることが重要です。しかし、ムカデはわずかな隙間からでも侵入してきます。ここではムカデが侵入してこないようにすればどうすればよいか、また、ムカデが近くにいた場合にどう対処すべきかについて見ていきます。

侵入経路を塞ぐ

ムカデはさまざまな隙間から家屋に侵入してきます。例えば、エアコンのダクト、窓のサッシ、浴室やキッチンの排水口、畳の隙間、住宅の壁に入ったひび割れなどからです。侵入されそうな場所には隙間テープを貼ったり、網目の細かいネットをかけたりして塞いでおきましょう。

ムカデの餌を取り除く

ムカデは、ゴキブリやクモといった虫を餌として好みます。そのため、家屋内の虫を取り除くことが、ムカデを遠ざけることに繋がるでしょう。

毒餌剤やくん煙剤を使って家の中にいる虫を駆除していきましょう。虫の駆除は定期的に行うことが重要です。また、庭に潜むコオロギやミミズなどもムカデの好物なので、駆除をしたほうが良いでしょう。

近くにムカデがいるなら

近くにムカデがいる場合は、ムカデ専用の殺虫剤や凍らせるタイプの殺虫剤を吹きかけて駆除しましょう。

ムカデに咬まれたら、適切な対処で被害を最小限に!

ムカデは布団の中や靴の中などに潜むことがあるため、気づかないうちに刺激を与えてしまい咬まれてしまうことがあります。ムカデに咬まれたら、迅速に適切な処置を患部に施しましょう。そうすることで症状を抑えられます。また、そもそもムカデが発生しない環境づくりを日頃から心がけることが肝心です。

ダスキンでは、ムカデをはじめとした各種不快害虫の駆除サービスを提供しています。プロの目で家や家の周辺をくまなく事前調査した上でムカデを駆除。隙間に潜んだムカデも駆除します。ムカデにお困りの方は、ぜひ一度ダスキンにご相談ください。

  • 不快害虫駆除サービス

    事前調査を徹底的に行い、カメムシ、クロアリ、ダンゴムシ、ナメクジ、ムカデ、ヤスデ等の不快な害虫を的確に駆除します。

  • 虫さん侵入お断りサービス<戸建用><マンション用>(ゴキブリ駆除)

    プロの目による徹底調査と駆除システムで、ご家庭に侵入する不快な害虫を撃退。

ページのトップへ

ページTOPへ