DUSKINDUSKIN

くらしのリズムを整えようくらしのリズムを整えよう

ダスキンは、「お掃除業」から「生活調律業」へ。ダスキンは、「お掃除業」から「生活調律業」へ。」

「毎日のお掃除がひとの心を豊かにする」

そう信じた私たちは、55年前にダスキンを創業しました。
それからずっと、目まぐるしく変化し続ける日本のくらしを、
お掃除を通して見つめてきました。

2018年の今。くらしのかたちは多様を極めています。
核家族や共働き家族も多くなり、外で過ごす時間が増え、
家の中を整える余裕がない。
「毎日のお掃除。」
それはもう当たり前のことでは、ないのかもしれません。

お掃除のあり方が変化するのなら、ダスキンだって進化しよう。
お掃除のプロから、生活そのものを整えるプロへと。
ダスキンは、「生活調律業」へ。

生活調律とは、ダスキンが提案する、新しいくらしのあり方。
どれくらい働く。どれくらい休む。どれくらい眠る。
自分にとって気分のいいくらしのリズムを知り、
淡々と刻み続けていく。
そのすべてのサポートをダスキンが担います。
これからはお掃除だけではなく、生活のすべてのシーンで。

ご自宅に訪問し、お客さまの日々を肌で感じて来た55年。
そのすべてをかけて、ダスキンは生まれ変わります。

「毎日の生活調律がひとの心を豊かにする」と信じて。

TVCMTVCM

「登場」篇 30秒

「登場」篇 15秒

「モップ」篇 30秒

「モップ」篇 15秒

「メリーメイド」篇 30秒

「メリーメイド」篇 15秒

他のCMを見る

  • 「登場」篇

  • 「モップ」篇

  • 「メリーメイド」篇

CM作品集へ

CMソング

生活調律のテーマソングとして流れるのは、奥田民生さんの「愛する人よ」。
お掃除やお洗濯などおうちのことをしながら口ずさんでみると・・・
ふっと心が軽くなって、くらしにリズムが生まれます

父:俊介さん父:俊介さん
子:まさたかくん子:まさたかくん
趣里さん趣里さん

とある一家の
生活調律ものがたり。

日本のとある場所にくらす、とある一家。

俊介さん、趣里さん、まさたかくんの3人は
とても仲良しですが、俊介さんも趣里さんも
外で働いているため、平日はいつもバッタバタ。

気づけば
「ごはんをつくる時間がない!」
「洗濯ものがどんどんたまる!」
「ましてお掃除まで手がまわらない!」
そして何よりつらいのが・・・
家族の時間がしっかりとれない。

そんなある日、とある一家は
「生活調律」という
新しい考え方に出会います。

今の自分たちのくらしを今一度見つめ、より健やかに、
より朗らかに、くらしのリズムを整え始めた、とある一家。

すごくワクワク、ちょっとドキドキ。新しい春の予感です。

×

リズム・バランス・ハーモニー
のあるくらし。

何時に目覚め、何時に眠るか。
どれくらい働き、どれくらい休むか。
心地よいくらしには、
リズム・バランス・ハーモニーが
大切だとダスキンは考えます。

まずはリズム。
ホコリが目に付いたら、さっとお掃除をしたり、
口にする食べ物にほんの少し気を配ったり。
心とからだの心地よいリズムが、
習慣化されると
調子がいい日もダメな日も、
淡々と過ごせるように。

するとだんだん、必要なものそうでないものが
見えてきて
くらしの過不足が整います。
食べ過ぎない、買い過ぎない、
逆にガマンし過ぎない。
そんなバランスを自分で
図れるようになっていくでしょう。

そしてリズムとバランスの整った毎日を
無理なく
続けられるようになると、
気持ちに余裕が生まれます。
誰かに優しくなれたり、
これまでと違った趣味に目覚めたり。
豊かなくらしはハーモニーとなり、
さらなる心地よさへと
その輪は広がります。

初めから全部じゃなくていい。
できることから少しずつ。
リズム・バランス・ハーモニーの整ったくらしを
ダスキンと一緒に始めてみませんか。

  • まずはリズム。

    なるべく一定のリズムを淡々と
    刻むために、くらしにほころんだ所が
    あれば小さなうちに繕いましょう。

    例えば、気が付いた時にほんの少しだけ
    モップをかけると、キレイが続きます。

  • つづいてバランス。

    持ち過ぎているもの、足りないものを
    整理し、くらしの過不足を知りましょう。

    例えば、クローゼットや冷蔵庫の整理
    から始めてみるのはいかがでしょうか。

  • そして最後にハーモニー。

    リズム、バランスの整った
    心地よいくらしからは、さらなる
    心地よさが自然と生まれます。

    例えば、テーブルの上がキレイだと
    花を飾りたくなることはありませんか。