• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

病院業務サポートについて

医療サポートについて

Q1看護師さんが足りなくて困っています。
A1院内で、必ずしも看護師さんが担当される必要のない作業を、慣習的に看護師さんで対応されていないか、確認されるのがよいようです。特に、手術室内の消毒清掃作業、中央材料室の全作業、病棟の雑務などについては、見直しの効く場合が多いようです。
Q2病院経営の厳しいこの時代、何か経営の秘訣はあるでしょうか?
A2お医者さんでなくてはならない仕事と「それ以外」。看護師さんでなくてはならない仕事と「それ以外」。看護助手さんでなくてはならない仕事と「それ以外」。…というように現状の業務を分けていき、「それ以外」の業務を院内の誰にやってもらうか、を設定し直す、というのはいかがでしょうか。このことで、もっとも大きな割合を占める「人件費」のコスト管理を飛躍的に上げていける場合があります。
Q3病院に経営コンサルティングを入れたけれども、結果が出ないので困っています。
A3病院のなかを部署ごとの小さなサイクルに分けて、改革・改善を進めれば、結果に結びつきやすいようです。たとえば、中央材料室、衛生管理(消毒・清掃)、手術室や病棟での雑務、在庫管理業務関連など、比較的に専門性の低い部署に関しては、一般企業で行われる品質管理手順を基盤にした合理的な作業手順の見直しにより、コスト削減を計りながら業務の標準化による品質基準を上げることが可能です。このような内容は、院内で具体的に改善作業を進めなければならないので、やはりコンサルティングだけでは難しいようです。
Q4近隣で一番キレイな病院を目指すためには、どうすればよいでしょうか?
A4病院内では、清掃や消毒作業にたずさわるすべての人に、衛生に関する一貫した認識を持っていただくことが大切です。そのためには、病院運営における「静脈系」といわれる業務に関わる人たち、つまり「看護師さん、看護助手さん、定期消毒の業者さん、害虫駆除の業者さん、日常清掃の作業担当者さん、ゴミ回収業者さん」たちに向けて、それぞれに合理的で正しい作業手順を示し、説明して廻って、さらに監視することが求められます。また、それぞれの衛生基準にふさわしい作業スケジュールを割り振りし、設定からはずれた作業とならないよう監視することで、作業の品質とコストのコントロールを同時に行うことができます。
Q5病院をキレイにするためには、どうすればよいでしょうか?
A5見た目のキレイさだけでなく、病院では建物の全空間内のバクテリアの総数を低減させるための計画が大切です。たとえば、病棟廊下で水モップをかけておそうじをすると、見た目にはキレイになったように見えます。しかし、一定の「1. 温度」が保たれている病棟で、モップがけの水「2. 湿度」を与えたことによって、床にこぼれてしまっている高カロリー輸液「3. 栄養分」を広げるなどして、かえってモップ繊維の中に居るバクテリアを撒いてしまい、床面や空中のバクテリアを大幅に増加させてしまうのです。
Q6手術室などの特別な衛生基準を保つのに、秘訣はありますか?
A6作業する人によって衛生基準の度合が変わらないために、すべての作業を標準化してスケジュール化し、定期的に衛生度の確認をすることが大切です。

ページトップ