• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

インテリアレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな部屋を広くするインテリアアイデア5選

広い家に住みたいけれど、なかなかそうもいかないのが現実。そこで、限られた部屋のスペースをできるだけ広く快適に感じられるようにするためのインテリアアイデアをご紹介します。自宅を広々とした空間にして、すっきりとした暮らしを実現しましょう。

アイデア1
「白」を基調にした明るい空間にする

白を基調とした部屋

壁面やカーテンは、室内の面積の多くを占めます。そのため、この部分の色みで部屋の印象はぐっと変わってきます。明るく広々とした印象の部屋にしたいときは、できるだけ「白」を基調とした明るいカラーで統一するのがポイント。ナチュラルなウッド系やモノトーンの家具を中心に据えるなど、インテリアで使用する配色を決めておくと空間全体をコーディネートしやすくなります。

アイデア2
できるだけ床が見えるようにする

床面をすっきりさせた部屋

フローリングの場合は、なるべくラグやカーペットを敷かず、床面をすっきり見せるようにすると、空間が広く感じられます。家具もフローリングに合わせて同系色で揃えれば、インテリアがすっきりした印象にまとまるのでオススメです。ラグを敷く場合は、白やベージュ、ライトグレーなど、明るめのカラーを選ぶようにしましょう。

アイデア3
壁面・天井にアクセント

絵や写真、雑貨を飾った棚 / モビールを取り付けた天井

物が少ないからといって、お部屋が広く見えるわけではありません。メリハリを付けることで、空間を立体的に演出することができます。例えば、壁面に絵や写真を飾ったり、棚を取り付けて、お気に入りの雑貨をディスプレイしたりすると、単調な壁面にアクセントがプラスされます。また、天井からモビールや植物などを吊るしても、奥行きが出るのでオススメです。ディスプレイするモノは、テーマカラーに合ったものを選ぶとお部屋に統一感が生まれます。

アイデア4
ファブリックの柄は小ぶりなものを選ぶ

小ぶりな柄を取り入れた部屋

柄物を取り入れると、その箇所だけ際立って見えてしまうことがありますよね。特にクッションやカーテン、テーブルクロスなどのテキスタイルに柄を取り入れたい場合は、できるだけ小ぶりな柄をチョイスするようにしましょう。小ぶりな柄にすることで、圧迫感を軽減することができます。大ぶりな柄のファブリックを選ぶときは、小ぶりなものと組み合わせてコーディネートしたり、色みの主張を抑えたりするなど工夫をして、上手にコーディネートしましょう。

アイデア5
差し色は暖色より寒色を選ぶ

寒色を取り入れた部屋

インテリアのアクセントとして色みを使う場合は、寒色系を選ぶと空間が引き締まってすっきりとまとまります。そのため、スペースも広く感じられます。アクセントカラーは、あまり多く色を使わないのがポイント。インテリアグリーンはリラックス効果もあって、配色としては気軽に取り入れられるのでオススメです。育てやすい観葉植物を選んで、窓側に置くスペースを確保してみてはいかがでしょうか。

【まとめ】

小さな部屋でも、ちょっとした工夫で明るくすっきりとした空間にすることができます。ぜひ、これらのアイデアを取り入れながら、広々とした心地よい空間づくりを楽しんでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インテリアレッスン TOPへ戻る

ページのトップへ