• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

インテリアレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緑溢れる気持ちのよい 緑溢れるインテリア

緑は毎日の暮らしの中で私たちに癒しを与えてくれます。
部屋にグリーンを置きたいけれど、どのようなものを選んだらよいのかわからない……という人も多いはず。
そこで、インテリアグリーンを置いて気持ちのよい空間をつくるための5つのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

Point1
インテリアはシンプルにまとめるのが基本

グリーンや花の色がアクセント

植物のグリーンや、花の色をインテリアのアクセントに

インテリアはグリーンが映えるよう、モノトーンやウッドなどナチュラルなカラーでシンプルにまとめましょう。
インテリア全体の雰囲気に合わせて、植物のグリーンや花の色をアクセントとして使うと、空間が華やかに演出できます。

Point2
日当りのよい窓側にメンテナスしやすい観用植物を置く

観用植物をシンボルに

シンボルになる大きめの植物を置き、リビングの主役に

メンテナンスがしやすい観用植物をリビングの窓側に置き、部屋のシンボルに。
植物の成長を考慮して、余裕のあるスペースに置きましょう。鉢を入れ替える場合は、軽く根をほぐしてから入れ替えます。
あまり大きい鉢にすると、成長しすぎてしまう事もあるのでご注意を。

栽培しやすい観用植物を選んで

初心者の方は、サボテンやミルクブッシュなどの多肉植物や、ポトスやカポックなどの観用植物といった、比較的栽培しやすいものを選ぶとよいでしょう。

初心者の方は観用植物を

全体のバランスを考えて、
グリーンをコーディネート

複数の観用植物を配置する場合は、葉の大きさや色、家具の高さなど、インテリア全体のバランスをみて、植物を選びましょう。土の上にウッドチップやくるみのマルチング材を入れると、乾燥を防ぐ効果だけでなく、おしゃれな雰囲気に。

バランスよく植物を配置

Point3
視線が留まる場所にグリーンを配置する

みんなの視線の先にグリーンを

TVボードの上など視線の先にグリーンを置き、さりげない癒しを

TVボードや棚の上など、みんなの視線が集まるところにグリーンを置くことで、自然とグリーンが目に留まります。
視界を遮らないよう、控えめなサイズのものを選ぶと○。エアコンの風があまり当たらないところに置きましょう。

サニタリー空間もグリーンで爽やかに

シンプルで淋しいイメージになりがちなサニタリー空間にグリーンを置けば、パッと明るく華やぎます。 毎日グリーンを眺めながらの歯磨きタイムで、エネルギーをチャージしましょう。

サニタリー空間を爽やかに

Point4
グリーンで部屋のあちこちに癒しスポットをつくる

玄関に癒しスポットをつくる

玄関のグリーンに見送られて、気持ちのよい1日のスタートを

玄関にグリーンを置くことで、清々しい気持ちで出かけられたり、疲れて帰宅したときに私たちを癒してくれたりします。 玄関は十分な採光が取れないこともあるので、なるべく日陰でも栽培しやすい耐影性に優れた観葉植物を選びましょう。

ワークスペースにも癒しを

PCなどの無機質なモノが置かれているワークスペースに、さりげなく小さなグリーンを置くと、潤いのある空間が生まれます。小ぶりでかわいらしいものを選びましょう。

ワークスペースにも癒し空間

Point5
フェイクグリーンで気軽に緑のある空間を演出

メンテナンスフリーのフェイクグリーン

メンテナンスフリーで緑を楽しむアイテムを随所に取り入れて

日当りが悪い場所など、日々のメンテナンスが心配な場所は、フェイクグリーンを取り入れてみるのも手。
場所を選ばずに気軽に緑のある暮らしを楽しむことができます。
手づくりもできるので、オリジナルのグリーンを飾ってみては。

庭先の植物を手軽にドライアートに

お庭やベランダにグリーンを植えておられる方は、オリーブやユーカリの葉などをドライにして、リースやブーケにして飾ると、ワンランク上のインテリアグリーンに。シリカゲルなど乾燥剤と一緒に保存容器に入れると、簡単に乾燥するのでおすすめです。

ワンランク上のドライアート

【まとめ】

インテリアにグリーンを取り入れるのは、意外と簡単ですよね。いきなり完璧なコーディネートをしようとせずに、無理なくできるものから少しずつ取り入れてみてください。おうちがもっと心地よく、特別な空間になりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インテリアレッスン TOPへ戻る

ページのトップへ