水耕生活 Q&A

栽培前の確認

準備するものについて

Q:水耕栽培器本体と栽培キット以外に用意するものはありますか?
A:栽培の準備に使用する、広口のうつわ(洗面器など)、水を注げるもの(やかんや空の2Lペットボトルなど)、水道水をご用意ください。

設置について

Q:本体のサイズを教えてください。
A:幅544x奥行262x高さ305mmです。
Q:部屋が暗くても栽培できますか?
A:「水耕生活」はLED照明で野菜を育てますので、部屋が暗くても問題ありません。
Q:寝室に置いた場合、振動や騒音は気になりませんか?
A:1時間に5分間エアーポンプの動く音がします。それ以外に大きな振動や騒音が発生する場合は、不安定な場所に設置していないかご確認ください。
Q:設置する部屋の温度は何度ぐらいが適していますか?
A:周囲温度が15℃を下回る、もしくは30℃より高くなると、極端に発芽率が下がります。
周囲温度が15℃~30℃(スイートバジルは20℃~30℃)になるように調整してください。
Q:太陽に当てなくてもいいですか?
A:野菜はLED照明で成長しますので、太陽に当てなくても問題ありません。
Q:通常のコンセントに差し込んで栽培できますか?
A:ご家庭にある通常のコンセント(交流100V)でご使用ください。
Q:屋外(ベランダ等)に置いてもいいですか?
A:屋内専用ですので、ベランダ等屋外には設置しないでください。
Q:栽培器を2~3段に重ねて栽培しているのですが、段によって環境は変わりますか?
A:下段のLEDの熱により、上段の栽培器の水温が上がります。
高温になると発芽しにくいものもありますので、気温の高い時期は最下段で発芽させてください(栽培ケースを入れ替えて調整してください)。

栽培に関する質問

種まきについて

Q:品種をまぜて、一度に複数の野菜を育ててもいいですか?
A:栽培ケースの場所ごとに品種を分けて育てることは可能です。
同時に栽培する場合は、場所ごとに品種を分けて栽培してください。
※種まき時は27ヶ所すべての苗床穴に種まきをし、間引き後に下記のように配置して育ててください。
間引き後の配置例
Q:余った種は土にまいてもいいですか?
A:問題はありません。袋に入れて冷蔵庫で保管してください。
Q:苗床フタは付けなくてはいけないのですか?
A:苗床フタを取り付けることで、アオコ(藻の一種)が発生しにくくなります。
苗床フタが足りない場合は、栽培スポンジでフタをしてください。
Q:1つの本体で、栽培時期をずらしてもいいですか?
A:以下の理由によりできません。4週間で1回の栽培をお願いします。
①4週間ごとの養液の交換や栽培ケースの洗浄ができない
②生育中に発芽モードにできない
③根がからんで、収穫し終わった栽培スポンジが廃棄できない

成育中のことについて

Q:虫は絶対につきませんか?
A:外から侵入すれば、栽培器の中で生息する可能性があります。
虫の侵入しにくい場所で栽培してください。
Q:必ず成長しますか?
A:植物も病気により枯れることがあります。栽培ケースを洗浄し、栽培器内側を拭き上げ、アルコール除菌剤などで除菌してから次の植物を栽培してください。
※植物の病気は人間への害はありません。
Q:高温で枯れることはありませんか?
A:継続的に高温が続くと枯れることがあります。猛暑日には、必ず空調を入れるか窓を開けるかなどをして室内の温度を下げ、30℃以下になるよう調整してください。
Q:栽培中枯れることがありますが、対策はありますか?
A:植物は、人や虫、あるいは風が媒体したウイルスや細菌・カビが原因で病気になり枯れることがあります。病気によって枯れた場合は、塩素系の除菌剤やアルコールなどで消毒して次の野菜を栽培してください。
※同じ品種を続けて栽培すると同様の病気になりやすいため、異なる品種を栽培してください。
Q:野菜の病気にはどんなものがありますか?
A:下記のような病気があります。
<うどん粉病>

茎や葉の表面がうどん粉を振りかけたように白くなる病気です。生育は遅く、葉は黄色くなり、やがて枯れてしまいます。

<立ち枯れ病>

生育が遅く、日中はしおれ、下葉から黄色くなり、やがて枯れてしまいます。

<縮葉病>

葉の色が変わり、縮れた部分が膨らんで火ぶくれ状になります。

Q:病気になった時はどうしたらいいですか?
A:症状に合わせて、下記の処置を行ってください。
  • ・初期症状の場合→症状の出ている葉を取り除いてください。
  • ・株全体に症状が出ている場合→栽培スポンジごと株を取り除いてください。
  • ・すべての株に症状が出ている場合→栽培を中止し、栽培ケース一式をよく洗い、最初からやり直してください。

養液について

Q:液体肥料を使わずに水で育てていいですか?
A:葉の育成に必要な養分の配合率になるよう開発しています。
水だけで育てると発育が悪くなる恐れがありますので、液体肥料をご使用ください。
Q:液体肥料がなくなりました。水だけ足していいですか?
A:液体肥料が足りなくなった場合は、水を補給してください。
Q:液体肥料を希釈する水にはどのような条件がありますか?
A:水道水をご使用ください。
雨水やミネラルウォーター、清涼飲料水、アルコールなどはご使用にならないでください。
Q:栽培ケースの水は毎日替えないといけませんか?
A:1回の栽培中に水を替える必要はありません。水位フロートが赤目盛りまで下がりましたら、水道水と液体肥料で作った養液を足してください。
Q:土を入れて育ててもいいですか?
A:水耕栽培専用ですので、土は絶対に入れないでください。
Q:養液を足すタイミングはいつですか?(水位フロートが動かないのですが、大丈夫ですか?)
A:水位フロートが赤ラインに近づいたら養液を足してください。
ただし、葉が大きくなると根も大きくなり、水位フロートが引っかかって養液が減っても下に降りない(動かない)ことがあります。
水位フロートが養液に浮かんでいるか確認しましょう。
Q:出かけることが多いのですが、水やりしなくても大丈夫ですか?
A:葉が大きくなるまではあまり心配はいりませんが、葉が大きくなると養液の減りが早くなりますので、長期間外出されるときは、栽培ケース内の水をいっぱいにしてください。
Q:作った養液は一回で使い切らないとダメですか?
A:養液が余った場合は4週間以内に必ず使い切ってください。
保管する際は、誤飲防止のため、ラベルを貼って冷暗所で保管してください。
Q:旅行で家を空けるのですが、どうしたらいいですか?
A:養液(足りなければ水道水)を栽培ケースいっぱいに入れてお出かけください。
ただし、葉が大きくなった状態で放置すると、水の減りがはやく枯れてしまうこともありますので、 葉が大きくなっている場合は収穫してからの旅行をおすすめします。

スポンジについて

Q:スポンジが緑色になったのですが、どうしたらいいですか?
A:アオコという藻の一種が発生した状態です。
野菜自体への影響はありませんが、発芽時期に影響がある場合があります。
アオコが気になる場合は、発生し始めであれば洗い流すことができます。
栽培ケースから1株ずつ栽培スポンジを取り外し、水道水を弱めに流してアオコを洗い流してください。
アオコ
Q:スポンジ部分に色がついてしまいました。カビのようですが普通どおり育ちますか?
また、育った野菜は食べても問題はありませんか?
A:生育途中にスポンジに色がつくことがありますが、原因によって色が異なります。生育に大きな影響を与えることはありませんが、野菜を召し上がる際はよく洗浄してください。
また、苗床パネルなどにカビや細菌が繁殖した場合は、1株ずつ栽培スポンジを取りはずし、流し台で苗床パネルを洗ってください。また、水耕栽培器本体内部も中性洗剤などで拭くことをおすすめします。
ピンク
細菌の一種が増殖している可能性があります。

水道水中に含まれているメチロバクテリウム(細菌の一種)がスポンジ上で増殖することがあります。栽培初期の場合は、スポンジごと抜き取り、洗浄してください。生育期に付着していても通常と変わらず育ちます。人体に害はありませんが、収穫時に洗浄してお召し上がりください。

茶色
鉄分が酸化してスポンジに付着している可能性があります。

水道水中や肥料に含まれている鉄分が酸化し、スポンジに付着することがあります。栽培初期の場合は、スポンジごと抜き取り、洗浄してください。生育期に付着していても通常と変わらず育ちます。人体に害はありませんが、収穫時に洗浄してお召し上がりください。

白
カビが発生し、スポンジが白くなることがあります。

空気中のカビの胞子がスポンジに付着して、白いカビ(ケカビ)が増殖することがあります。栽培初期の場合は、スポンジごと抜き取り、洗浄してください。生育期に付着していても通常と変わらず育ちます。人体に害はありませんが、収穫時に洗浄してお召し上がりください。

黒
カビが発生し、スポンジが黒くなることがあります。

空気中のカビの胞子がスポンジに付着して、黒いカビ(ケカビ)が増殖することがあります。栽培初期の場合は、スポンジごと抜き取り、洗浄してください。生育期に付着していても通常と変わらず育ちます。人体に害はありませんが、収穫時に洗浄してお召し上がりください。

種について

Q:間引きできるほど発芽しなかったのですが、どのようにすればよいですか?
A:均等な配置になるよう株の植え替えをしてください。レタス・葉もの野菜系は間引き後10株の栽培を例としていますが、6株以上であれば収穫時の重量は大きくは変わりません。
Q:間引かないで、そのまま大きくなるまで育ててもいいですか?
A:必ず間引きを行うようにしてください。種には発芽するものとしないものがあります。
最初に多めに種まきをし、発芽後、株のスペースを確保するため、 間引きを行います。また、間引くことで野菜の生育もよくなります。
Q:種の発芽率は保証されるのですか?
A:発芽率は保証値ではなく、生産時の試験結果です。
また、種は生きものですので、保管状況、栽培環境や方法により発芽率は変化することがあります。
Q:発芽しないのですが、何が原因でしょうか?
A:主に3つの原因が考えられます。
①栽培スポンジが水分吸収不足になっている可能性がありますので、霧吹きなどで種と栽培スポンジを湿らせてください。
②品種によっては、発芽までの日数が長いものもあります。
③周囲温度が15℃を下回る、もしくは30℃より高くなると、極端に発芽率が下がりますので、周囲温度が15℃~30℃(スイートバジルは20℃~30℃)になるように調整してください。
Q:栽培キットが余っているのですが、どのように保管すればよいですか?
A:種の性質上、冷暗所で保管ください。種には有効期限がありますので、ご注意ください。

LED/電源について

Q:LEDがずっと点灯した状態で心配です。
A:出荷時は16時間点灯後、8時間消灯するよう設定されています。また、お好みで点灯・消灯時刻を設定いただけます。
LEDが8時~20時点灯している場合は、タイマーが設定されておらず、通常モードや花モードで運転している可能性があります。
タイマーボタン長押しで設定状態になりますので、お客様のお好みの時間に設定してください。
タイマーの設定方法は、本体の取扱説明書をご覧ください。
Q:LEDがまぶしいのですが、布などで隠してもいいですか?
A:本体の外から布で隠しても問題はありません。ただし、その際本体左右側面の通風孔はふさがないように気をつけてください。
Q:栽培中にタイマーの時間を変更してもいいですか?
A:栽培中に点灯時刻、消灯時刻を変更しても、LED点灯時間が16時間/1日であれば生育に影響が出ることはありません。点灯時間は16時間をおすすめします。
Q:栽培(運転)中に電源コードを抜いても大丈夫ですか?
A:短時間なら大丈夫ですが、長時間抜いたままにすると栽培器本体内部が水蒸気により曇ってきます。また、場合によっては野菜がしおれてくることもあります。
再度電源プラグを差し込むとプラグを抜く前の設定されている内容(現在時刻・タイマー・運転モード)で運転が始まります(運転ランプは消灯から点灯に切り替わります)。
Q:水耕栽培器からうるさい音がします。
A:下記3つの理由が考えられますので確認してください。
①据え付けが悪く、ガタついていないか確認してください。
②水耕栽培器が壁や物などに触れていないか確認してください。
③エアストーンが汚れていないか確認してください。
Q:発芽モードを設定してから72時間経過しますが、LEDライトが点灯しません。
A:発芽モード中にモードボタンを押すと、発芽モードの72時間タイマーは解除されます。
よって再びモードボタンを押した時点から72時間経過すると、LEDライトは点灯します。
72時間経過している場合は、通常モード(「発芽」「花」にランプが点いていない状態)にしてください。
LEDライトが点灯します。設定方法の詳細は、本体の取扱説明書をご覧ください。

収穫に関する質問

収穫の方法について

Q:収穫はどうやって行うのですか?
A:根元から1株ごとハサミで切り取ります。
収穫した野菜を保管する場合は、ビニール袋に入れ冷蔵庫で保管してください。

収穫のタイミングについて

Q:収穫の時期はいつがいいですか?
A:種をまいてから4週間を目安に(LEDに葉が着く前に)収穫してください。
Q:どれくらいで食べられる大きさになりますか?
A:若葉を食べる場合は種まきから2~3週間後、本葉を食べる場合は種まきから3~4週間後が目安になります。
Q:育った野菜に栄養はありますか?
A:普通の野菜と同程度の栄養が期待できます。
Q:収穫した野菜は洗わず食べられますか?
A:さっと水洗いをしてからお召し上がりください。

商品やシステムに関する質問

本体の取扱いについて

Q:栽培スポンジは再利用できますか?
A:使用した栽培スポンジは再利用せずに、新しい栽培スポンジをご利用ください。
Q:栽培ケース等はどうやって洗ったらいいですか?
A:布や柔らかいスポンジに中性洗剤をつけて洗った後、流水ですすいでください。
Q:収穫後、そのまますぐに種をまいてもいいですか?
A:収穫後は、栽培ケース・苗床パネル・苗床フタ・水位フロートを1度洗ってから種をまいてください。
Q:アオコの発生を防ぎたいのですが、どうすればよいですか?
A:栽培ケースを洗浄し、本体の内側をきれいに拭き上げ、
側面のフィルターをきれいに洗浄してから、栽培してください。
Q:電気代はどのくらいですか?
A:以下の数字を目安にしてください。
*通常料金(従量電灯料金)8時~20時昼間料金の場合:
  1ヵ月:350円/1日:11.7円
*点灯16時間のうち、8時間を夜間料金(時間帯別料金)として加味した場合:
  1ヵ月:249円/1日:8.3円
※電気代は目安単価(昼間料金=平均27円/kWh/夜間料金=11.07円/kWh)にて計算。
タイマー運転:発芽モード72時間後、1日16時間設定の場合。

育てられる野菜について

Q:どんな野菜が育てられますか?
A:本サイト内の「育てられる野菜」をご覧ください。
Q:育てる野菜は季節に関係なく選んでいいですか?
A:スイートバジルは室温が20℃以下になると育ちにくい場合があります。11月から2月の栽培はおすすめしません。レタス系は室温が30℃より高温になると発芽率が低下します。夏場の栽培はおすすめしません。
それ以外の種は、季節に関係なくお選びいただけます。
Q:市販の水耕栽培の液体肥料で育てていいですか?
A:濃度や成分が異なる恐れがありますので、ダスキン「水耕生活」用の液体肥料をお使いください。
Q:ガーデニング用など、市販の土壌栽培用の液体肥料で育ちますか?
A:ガーデニング用の液体肥料と水耕栽培用の液体肥料は葉の育成に必要な養分の配合率が異なります。
ダスキン「水耕生活」専用の液体肥料をご使用ください。
Q:市販の種でも育ちますか?
A:ダスキン「水耕生活」の種は水耕栽培に適した品種を選択しております。
必ずダスキン「水耕生活」の栽培キットでお届けする種をご使用ください。

システムについて

Q:ダスキン「水耕生活」は他の水耕栽培器とは何が違うのですか?
A:本体をお買い上げいただくのではなく、1年間はレンタルですので、低コストでスタートできます。
また、定期的に栽培キットをお届けしますので、安心して続けられます。
Q:故障した場合はどうすればいいですか?
A:契約後1年間はダスキンお客様担当者にご確認ください。
2年目以降は、水耕栽培器本体をお客様にお譲りしますので、メーカーでの有償修理となります。
Q:譲渡された後使わなくなったのですが、引き取ってもらえますか?
A:ご家庭の廃棄物を持ち帰るには認可が必要なため、取扱店ではお請けできませんので、本体譲渡後はお手数ですがお客様で廃棄してください。
Q:種や液体肥料がなくなったらどうしたらいいですか?
A:ダスキン「水耕生活」は、お客様担当者が4週間ごとに栽培キットをお届けします。

ページのトップへ

お電話でもご注文いただけます。フリーダイヤル/8時~20時・年中無休 0120-100-100

Top
|