私たちがお届けしています ダスキン天然水の安心・安全

トップページ > ダスキン天然水の安心・安全

採水から出荷まで。天然のおいしさをそのままご家庭へ

ダスキンの天然水「森のひとしずく」は、天然ならではのおいしさをそのまま安全にお届けするために、くみ上げから出荷まで多彩な安全チェックを念入りにしています。採水地のひとつ、北広島・大朝にあるダスキン広島中央工場を訪ねました。

採水地で暮らすスタッフの声 広島中央工場 スタッフの皆様 製造部長 寺本秀行さん 管理部部長 石橋啓子さん 管理部 川頭奈緒美さん

北広島・大朝は古くから稲作が盛んで、米作りの命である清浄な水が大切に守られ続けています。
また、9割以上のご家庭が、井戸水や湧き水を飲料水として利用されています。
採水地スタッフも、大朝の天然水を生活全般に採り入れて暮らしています。指の名水に恵まれた日常、採水地で仕事をする際に必要な安心安全の心がけなどについて、スタッフの方々と語りあいました。

INTERVIEW

  • 寺本大朝に長年住んできた私たちにとって、天然水は毎日の暮らしに溶け込んでいますし、無意識に使っているものです。だから採水地で天然水をパッケージングするという今の仕事を始めた頃には、安心安全に配慮する基準の厳しさに驚きました。

  • 石橋そうですね。手洗い、うがい、マスクの着用は当然のこと、天然水の担当スタッフは、厳しいチェック項目を毎日ひとつひとつクリアすることを義務付けられています。
  • 川頭体調の良し悪し、ばんそうこう、爪の長さなどは衛生面で最も気を使うところですね。指輪、携帯電話といった私物を持ち込むことはできませんし。マニキュア、香水などは、天然水ににおいが移る可能性を考えて禁止されています。天然水の安心安全を十分に考慮してのルールなんですね。私は受発注や在庫管理も担当しているので、水バッグの保管には特に気をつけています。
  • 石橋安心安全の管理というのは、ルールそのものが難しいというわけではないのですが、徹底するにはスタッフ全員がいつも意識を高めておく必要があります。そこが大切ですね。
  • 寺本衛生管理の徹底については、当日の作業内容とともに、毎朝のミーティングで必ず確認しています。
    くみ上げから出荷までがオートメーション化されているとはいえ、お客さまの口に入るものですから、スタッフは意識を高く保たなければなりません。

  • 川頭私は生まれたときから大朝の水を使っているので当たり前になっていますが、故郷の水がおいしいと人気なのはうれしいですね。
    そういえばダスキン天然水の採水地に選ばれる前から、石橋さんの自宅前はすでに「天然水スポット」になっていたそうですね。
  • 石橋実は、結構有名なんですよ(笑)。
    私の自宅は、地下水をポンプでくみ上げて全ての生活水をまかなっているんですが、その天然水をくんで帰ってもらえるようにと、うちの家族が道路沿いに蛇口を備えたんです。そうしたら休みの日は、くんで帰る人でいっぱいに。こんなに関心が高いのかと驚きました。
  • 車で来て、ポリタンクなどにたくさん詰めて持ち帰る方の姿を見ていると、私たちは当たり前のように使っているけれど、良質なお水にはこんなに価値があるのか、ありがたいなと思います。
  • 川頭大朝以外の場所にすむ私の子どもたちは水道水のことを「沸かさないと飲めない」と言っています。
  • 石橋確かに出張や帰省で大朝以外の水を飲むと、カルキのにおいが気になります。大朝の天然水で洗顔すると、
    吹き出物が出なくなったとおっしゃる方もいますし。独り立ちした子どもたちからは「家の水を送ってほしい」と頼まれます。
  • 寺本ごはん、コーヒーの味が違うという声も聞きますね。
  • 川頭大朝は気候がよくて、台風の影響も少ないので、米どころとしても恵まれています。雪が地面に少しずつしみこむから、ゆっくりろ過されて水もおいしいし、米もおいしい。

  • 寺本私は特にグルメというわけじゃないので、成分や味については詳しくないですが、体に無理なく安心して飲める水をたくさんの方にお届けしているということに、喜びがあります。何も足し引きする必要はなく、十分に管理を徹底するだけで飲める、それがイコールおいしい水なんじゃないかと思います。
  • 石橋大朝は、川魚、ホタル、サンショウウオが今も棲息する自然豊かな地です。自治体も、生態系が崩れないような努力をしていますし、私たちも自然環境を大切に守って、おいしい水をお届けし続けられるようにしたいですね。
  • 川頭採水地スタッフは大朝在住のメンバーがほとんどですから、故郷の天然水を愛飲してほしいという気持ちは同じです。これからも、いい品質を保ってお届けしていきたいです。