お水に魅せられて。

トップページお水に魅せられて。 > 第2回 天然水をおいしく飲む基本。

VOL.02 「天然水をおいしく飲むその基本とアレンジ。」

ミネラルウォーターを飲むときは、そのおいしさを最も引き出す飲み方で味わいたいもの。そこで、山中さんに水をおいしく楽しく飲む方法を教えていただきました。「水の温度の基本は12~15℃、炭酸水なら10~12℃をおすすめしています。水は匂いの影響を受けやすいので、可能であればペットボトルから直接飲まずにガラスのコップに移して飲むのがおすすめです。水をそのまま飲むのが苦手な人やちょっと疲れているときは、ジンジャーとハチミツを少し加えてみては。特に炭酸水で割るとジュースのような感覚で楽しめます。ジンジャーの力で代謝がよくなり、血液もさらに健康的になりますよ」。水の飲み方の基本をマスターしたら、ぜひアレンジウォーターもお試しください。
山中 亜希さん

アクアソムリエ
山中 亜希(やまなか あき)さん

イタリアの民間団体A.D.A.M.(Associazione Degustatori Acque Minerali)が認定した初の日本人アクアソムリエ。

山中さんの「水のある一日」


アクアソムリエとは

アクアソムリエとは、科学的根拠に裏付けされたミネラルウォーターの知識に加え、水を通じて積極的に社会と関わっていくための実践力も身につけたスペシャリストを総称するもの。アクアソムリエには、基本的知識を備えて水の魅力を伝えられる「アクアアドバイザー」と、より深い知識を有したプロとして活躍できる「アクアマエストロ」という2つの資格があります。このアクアソムリエは永久資格ですが、取得すればそれで終わりではありません。協会では、彼らのソムリエとしてのスキルを維持するために、テイスティングイベントと勉強会や水源地めぐりを実施しており、今後は世界の水源地を訪ねる計画も。水を通じて環境保護や豊かなライフスタイルを提案するアクアソムリエ。今後ますますの活躍が期待されます。

第1回
水の力への感動がある。
第2回
天然水をおいしく飲む基本。
第3回
ミネラルウォーターの選び方。
第4回
硬度で味も食感も変わる!?
第5回
朝1杯の水で新生活。
第6回
1日1.5Lの水でうるおいボディ。
第7回
日本茶やコーヒーをもっとおいしくいれる水。