• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

ホーム > ご家庭用商品・サービス ホーム > くらしのお役立ち情報 > カビについて

ダスキンでは全国のみなさんにカビのイメージについてお伺いしました。

みなさんは、カビといえばどのような色を思い浮かべますか?

カビと聞いて思い浮かべる色をアンケート調査したところ「黒」とお答えいただいた方が圧倒的多数でした。住宅に生える黒いカビにはいくつか種類がありますが、水に濡れた所や湿気の多いところを好む「くろかわかび」が増えると黒い汚れとなって現れます。台所や洗面所、浴室、エアコンの内部、結露で濡れた壁などに見られる黒い汚れの正体がこれらのカビということです。
色の目立つカビは湿度の高いところを好む場合が多く目立ちますが、湿度の低いところで育つカビもあることをご存じでしたか?

グラフ【カビと聞いて思い浮かべる色は?】

【1】カビのいろいろ、カビの色と種類

カビにもいろいろな種類があり、色や性質も様々です。住居によく見られるカビの一部を性質と色にわけてご紹介します。
ここで知っておきたいのは、「湿度の高いところだけにカビが生えるわけではない」と、いうことです。カビには非常に多くの種類があり、下記にあげる以外にもいろいろな色や特性があります。

グラフ【カビの色と特徴】

ページトップへ

【2】知っておきたい、カビが発生する条件

「カビを発生させたくない!」「永久に発生しないようにするにはどうすればいいの!?」というご質問をいただくことがあります。
カビが永久に発生しないようにするためには、発生する条件を満たさなければよいわけですから、まず、発生条件をみてみましょう。

発生条件には人が生きていく中で取り除けない要素があります。人間は息をしなければならないので「酸素」は取り除けません。また、「温度がない」ということもあり得ません。また、一番取り除けそうに感じる「栄養分」についてですが、フィルムやレンズにカビがはえたという話を聞いたことがありませんか?実は、ビニールクロスや畳など、人間の栄養にならないものもカビの栄養になります。よって、私たちがコントロールできるとすれば、「湿度」と「時間」ということになります。カビの好きな湿度を作らない、定着するための時間を与えないということがカビ対策のポイントです。日常的に「換気」や、「こまめなお掃除」を続けることが大切です。最近では便利な「カビ防除剤」「抗菌コート」などの薬剤で防ぐという方法も開発されていますが、残念ながら一度対策すれば永遠に続くという方法ではありません。
グラフ【カビの発生に必要な条件】

【カビ増殖のメカニズムとカビの色】カビの胞子は目に見えませんし、定着したばかりの時も目には見えません。実は、カビの色というのは、十分に成長した時に作る「胞子」や「色素」によって見えるようになるのです。カビが目に見えるということは、「次のカビを作る活動を行っているサイン」と考えても間違いはありません。カビの成長に適した環境が続けば、カビの増殖も続くため、念入りな対策が必要になります。

ページトップへ

【3】やっておきたい、住居のカビ対策

ハウスダストの中に100万個のカビ胞子!?
どんなにキレイにしているお宅でも、エアコンや空気清浄機のフィルターには真っ黒なカビを含んだホコリがたくさんつきます。
お宅によってカビの種類は違いますが、カビの胞子が含まれる数はあまり変わらないようです。だから、定期的なおそうじがどのご家庭でも重要になります。

住居のカビ対策にぴったりの商品をご紹介

ダスキンでは、毎日のこまめなおそうじをサポートする商品だけでなく、
カビ予防のための浴室用カビ防除剤や、プロによるおそうじサービスなどを提供しております。

気になるカビから浴室を守ります

浴室用防カビ剤 カビガード(260ml)

エアコンからニオイがしたら危険信号

エアコン掃除・エアコンクリーニング(壁掛けタイプ)

気付いた時にサッとホコリを除去

フロアモップ一覧

すっきり除菌モップ

ハンディモップ一覧

住居に生えたカビのおそうじ方法を紹介

ダスキンでは、毎日のおそうじをサポートする商品だけでなく、
おそうじの知識や方法なども提供しております。

おそうじ大辞典

住居に生えたカビのおそうじ方法

畳に生えたカビのとり方

ページトップへ

全国のみなさんのアンケート結果をご覧ください

グラフ【カビがはえそうだと思う場所と、実際にはえた事のある場所をお伺いしました】
●アンケート結果からイメージ通りカビがはえてしまうのは「浴室」色々な対策をしている人が多いためか、「キッチン」「脱衣所・洗面所」「押入れ・クローゼット」に、カビをはやしてしまったという経験は割合少ないようです。心配をしていなかった場所にカビがはえてしまったという経験をする方もいらっしゃるようです。
意外なところに潜むカビ。カビの性質を知って上手に対策をしましょう。

ページトップ