• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

ホーム > くらしのお役立ち情報 > おそうじ(お掃除)大辞典 > おそうじのコツ:窓 > すりガラス・型板ガラス【念入りおそうじ】

おそうじのコツ

おそうじ大辞典

窓

すりガラス・型板ガラス

ホコリ、汚れを長い間そのままにしておくと、しだいにガラス面に焼きついた状態になり、取れにくくなります。早めのおそうじが大切です。凹凸のある面は、あらかじめ中に入っているホコリを取ってから拭くのがポイント。細かい部分には、爪ブラシや歯ブラシなどを使うと効果的です。すりガラスは、洗剤分が残りやすいので、取れにくい場合は、スプレーで水を吹きつけ、ぞうきんで拭いてください。

【用具】

  • ぞうきん
  • バケツ
  • タワシ
  • ブラシ
  • ゴム手袋

【薬剤】

  • ガラス用洗剤

【準備】

  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。
  1. ガラス用洗剤を、ガラス全体に×印に、または※印にスプレーします。

【注意】

すりガラスの場合は、泡がたつガラスクリーナーを使用すると、洗剤分が取りきれなくなるので、使用しないでください。

【アドバイス】

窓ガラスのおそうじは、必ず1面ずつ行っていきます。
洗剤の標準使用量を確認し、汚れに応じた量を使用しましょう。

  1. 凹凸のない面は、水に浸し固く絞ったぞうきんで、まず端を四角く拭き、つぎに中央に向けて、洗剤をのばしながら拭いていきます。その後、洗剤が6〜7分乾きの時に、乾いたぞうきんで汚れや洗剤分を拭き取ります。

【アドバイス】

ぞうきんは数枚用意し、洗濯機でまとめて脱水しておくと便利です。
ケバが残りにくく、吸水性のいいクロスで拭くと、きれいに拭き取ることができます。

【注意】

洗剤を残しておくと、ニジヤケの原因になり、除去できません。二度拭きが必要な洗剤かどうか、使用上の注意を確認しておきましょう。

  1. 凹凸のある面は、タワシで、円を描くようにしながら全面をこすり、汚れを浮かします。
    細かい部分には、爪ブラシや歯ブラシなどを使うと効果的です。
    その後、水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。
  2. 乾いたぞうきんで、全体を拭きます。

【アドバイス】

すりガラスは、洗剤分が残りやすいので、取れにくい場合は、スプレーで水を吹きつけ、ぞうきんで拭いてください。

すりガラス・型板ガラスイラスト すりガラス・型板ガラスイラスト

おそうじ大辞典では日々の掃除の情報から念入りお掃除のヒントまで様々な情報を提供しています。

ページトップ