• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

ホーム > くらしのお役立ち情報 > おそうじ(お掃除)大辞典 > おそうじのコツ:窓 > アルミサッシ【念入りおそうじ】

おそうじのコツ

おそうじ大辞典

窓

アルミサッシ

ガラスを拭く時に、いっしょにきれいにします。ただし結露はサビの原因になりますので、水滴がついていたら、そのつど乾拭きをして、水気をしっかり拭き取っておくことが大切です。

【用具】

  • 化学モップ、または帯電式のハタキ
  • ぞうきん
  • バケツ
  • サッシブラシ、または割りバシ
  • 掃除機
  • ゴム手袋

【薬剤】

  • 住まいの洗剤

【準備】

  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。
  1. 化学モップ、または帯電式のハタキで、軽くホコリを取ります。
  2. 水に浸し固く絞ったぞうきんで、拭いていきます。
    ぞうきんは、つねにきれいなもの、きれいな面を使うようにします。

【アドバイス】

窓の付近を、幅広のマスキングテープや包装紙などで養生しましょう。ぞうきんは数枚用意し、洗濯機でまとめて脱水しておくと便利です。

  1. 汚れが取れない場合は、水に浸し固く絞ったぞうきんに住まいの洗剤をスプレーし、拭きます。ゴムパッキンの隅など、汚れが落ちにくい部分は、ブラシを使って、汚れを落とします。

【注意】

アルミは酸にもアルカリにも弱いので、洗剤は弱アルカリ性、または中性のものを選びます。金属製のものでこすると、表面の塗膜を傷め、サビの原因となります。

  1. 水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。
  2. 乾いたぞうきんで、水気を拭き取ります。

レール部分

  1. レール部分の溝にたまったホコリやゴミを、サッシブラシ、または割りバシの先でつついて、浮かします。
  2. 掃除機の隙間用ノズルで、浮かしたホコリやゴミを吸い取ります。
  3. 水に浸し固く絞ったぞうきんの上に割りバシの先をあてがい、レールに残っているホコリやゴミを拭き取ります。こびりついた汚れは、割りバシの先で削り落とします。
  4. 汚れが取れない場合は、水に浸し固く絞ったぞうきんに住まいの洗剤をスプレーし、拭きます。

【アドバイス】

ホースで水が流せる場合は、流しながらサッシブラシで汚れを取ります。流せない場合は、容器に水を入れて洗い流すと簡単です。

  1. 水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。

サビ汚れの場合

  1. 表面に斑点状の汚れがある場合は、水で湿らせたジーンズ地などにクリームクレンザーをつけて、こすります。

【アドバイス】

石けんつきスチールウールや耐水ペーパー(400番程度)を水につけながら、斑点の出ている箇所だけ、アルミの目に沿って軽くこする方法もあります。

【注意】

特にカラーサッシの場合は、強くこするとカラーがはげてしまいますので、あくまでも軽くこするだけにしてください。

  1. 耐水ペーパー(800〜1000番程度)でこすり、表面をなめらかにします。
  2. 水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。

【アドバイス】

表面の塗膜が取れているサビの場合は、クリアラッカーを薄く塗って保護しておきます。色つきの塗膜が施されている場合は、全体を塗り替えましょう。

窓イラスト 窓イラスト

おそうじ大辞典では日々の掃除の情報から念入りお掃除のヒントまで様々な情報を提供しています。

ページトップ