• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

ホーム > くらしのお役立ち情報 > おそうじ(お掃除)大辞典 > おそうじのコツ:トイレ > 外側・便座・フタ【念入りおそうじ】

おそうじのコツ

おそうじ大辞典

トイレ

外側・便座・フタ

便座やフタはプラスチックで傷つきやすいため、ホコリがたまったまま水拭きをしたり、強い洗剤を使用したりしないように注意しましょう。汚れに気づいたら、こまめに拭き取るようにしましょう。

【用具】

  • ぞうきん
  • バケツ
  • 割りバシと綿の古布
  • ゴム手袋

【薬剤】

  • 除菌クロスなど
  • 住まいの洗剤

【準備】

  • 換気
    ドアや窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。
  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。
  1. 水に浸し固く絞ったぞうきんで、フタ、便座、便器の外側を拭きます。または、除菌クロスなどで拭きます。

【アドバイス】

プラスチックは傷つきやすいため、あらかじめホコリを取ってから、拭きましょう。

  1. 汚れが取れない場合は、水に浸し固く絞ったぞうきんに住まいの洗剤をスプレーし、拭きます。
    その後、水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。
  2. フタとりつけ部の隙間などに入り込んでいる汚れは、割りバシに綿の古布を巻きつけ、住まいの洗剤をスプレーし、こすります。
    その後、水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。

【アドバイス】

隙間用スポンジや、綿棒なども使うことができます。
また、便座を外す場合は、トイレの取扱説明書を確認してから行いましょう。

  1. 乾いたぞうきんで、水気を拭き取ります。

クッション用ゴムやゴム製ワッシャー部分のカビ

  1. 必ず手肌を保護してから、カビ取り剤、または塩素系漂白剤の原液をハケや綿棒などにつけ、カビの部分に塗ります。

【注意】

「まぜるな危険」と表示されている「塩素系のもの」と「酸性タイプのもの」が混ざると、有毒塩素ガスが発生して、とても危険ですので、同時使用はしないでください。

※酸性タイプのトイレ用洗浄剤やクエン酸を使ったおそうじと、カビ取り剤、または塩素系漂白剤を使ったおそうじは、決して、同じ日にしないようにしてください。

  1. カビ取り剤を塗った部分に、台所用ラップをはりつけ、そのまま5〜10分ほど放置します。
  2. 水に浸しゆるく絞ったぞうきんで拭き、その後、水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れやカビ取り剤を拭き取ります。
  3. 乾いたぞうきんで、水気を拭き取り、よく乾燥させます。
内部イラスト

おそうじ大辞典では日々の掃除の情報から念入りお掃除のヒントまで様々な情報を提供しています。

ページトップ