• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

ホーム > くらしのお役立ち情報 > おそうじ(お掃除)大辞典 > おそうじのコツ:トイレ > 内部【念入りおそうじ】

おそうじのコツ

おそうじ大辞典

トイレ

内部

中性タイプの洗剤で取れない汚れは、黄ばみや尿石がほとんどです。この場合は酸性洗剤を使います。トイレ用の洗浄剤には、「まぜるな危険」と表示されている、「塩素系のもの」と「酸性タイプのもの」が両方あります。同時、または連続して使用すると有毒な塩素ガスが発生して、とても危険です。注意事項をよく読んで正しく使いましょう。

【用具】

  • トイレ用ブラシ
  • ぞうきん
  • バケツ
  • ゴム手袋

【薬剤】

  • トイレ用洗剤(中性タイプ)
  • トイレ用洗剤(酸性タイプ)
  • 除菌クロスなど

【準備】

  • 換気
    ドアや窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。
  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。
  1. 便器の中にトイレ用洗剤(中性タイプ)をかけ、トイレ用ブラシでこすります。かえしのあるものは、便器の縁の内側もこすります。汚れが取れない場合は、トイレ用洗剤(酸性タイプ)を使います。
  2. 汚れがひどい場合は、黄ばみや尿石の部分にトイレ用洗剤(酸性タイプ)をかけ、その上からトイレットペーパーを貼りつけます。便器の縁の内側にも、トイレットペーパーに洗剤を含ませて貼りつけます。

【アドバイス】

便器内にたまっている水を、空にしてから行うのがポイントです。

【注意】

「まぜるな危険」と表示されている「塩素系のもの」と「酸性タイプのもの」が混ざると、有毒塩素ガスが発生して、とても危険ですので、同時使用はしないでください。

  1. そのまま30分ほど放置した後、トイレ用ブラシでこすります。汚れが取れない場合は(2)と(3)を繰り返します。

【アドバイス】

使ったトイレットペーパーは、便器に流さずゴミとして捨てます。

【アドバイス】

それでも黄ばみが取れない場合は、水で湿らせたジーンズ地などにクリームクレンザーをつけ、汚れの部分をこすります。取れにくい尿石などの汚れは、耐水ペーパー(1000〜1500番)でこすり取ります。トイレットペーパーで汚れや洗剤分を拭き取ります。
キズがつく場合がありますので、汚れの状況と対処後の状況を判断したうえで、作業を進めてください。

  1. 水を流し、汚れや洗剤分を洗い流します。
  2. 水に浸し固く絞ったぞうきんで、便器のまわりを拭きます。
    または、除菌クロスなどで拭きます。

洗浄ノズル部分

  1. 洗浄ノズル部分を引き出します。

【アドバイス】

ノズルの出し方は各メーカーによって異なります。取り扱い説明書を確認してください。

  1. ブラシでこすって汚れを落とします。汚れが取れない場合は、トイレ用洗剤(中性タイプ)をつけ、こすります。

【注意】

ブラシや洗剤によっては、ノズルを傷める場合があります。使用できるかどうかを、取り扱い説明書で確認してから行ってください。

  1. 水をかけ、汚れや洗剤分を洗い流します。

【アドバイス】

グラスなどの容器に水を入れて、洗い流します。

  1. 洗浄ノズル部分を戻します。
内部イラスト 内部イラスト

おそうじ大辞典では日々の掃除の情報から念入りお掃除のヒントまで様々な情報を提供しています。

ページトップ