• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

ホーム > くらしのお役立ち情報 > おそうじ(お掃除)大辞典 > おそうじのコツ:リビング > 水を吸う素材(布張りなど)【念入りおそうじ】

おそうじのコツ

おそうじ大辞典

リビング

水を吸う素材(布張りなど)

こまめにホコリを取ることが大切です。汚れた場合は洗剤拭きをしますが製品によっては、色落ちするものがありますので、注意してください。濡らしすぎると、中のクッション材の色が染み出て、表面に移染することがありますので、使用する水分を極力少なくししてください。

【用具】

  • ティッシュペーパーと洗濯バサミ
  • 洋服ブラシ
  • 掃除機
  • タオル
  • ぞうきん
  • バケツ
  • カット綿
  • ゴム手袋

【薬剤】

  • カーペット用洗剤
  • ベンジン

【準備】

  • 換気
    窓を開け、風通しをよくします。
  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。

<色落ちの有無の確認>

あらかじめ、裏面の目立たない布地部分に、カーペット用洗剤をつけたティッシュペーパーを当てて洗濯バサミではさみます。そのまま10分間ほどおいてから、ティッシュペーパーに色がついているかどうかを確かめます。色落ちしない場合は次の手順で。
※色落ちするものはホコリをとるだけにとどめます。

  1. 布が起きる方向(色が濃くなる方向)に洋服ブラシをかけ、繊維を起こし、ホコリを浮き上がらせます。
  2. 掃除機の丸口ブラシで、繊維を起こすようにしながらホコリを吸い取り、さらにタテ・ヨコ・ナナメにもかけます。
  3. 掃除機の隙間用ノズルで、背もたれと座部のホコリを吸い取ります。
  4. ファスナーが開くタイプは、開いて、クッション材と布の間に乾いたタオルを入れます。
  5. シミがある場合は、スプレー式容器でシミのまわりに水をスプレーしてから、カット綿にベンジンをつけ、たたくようにして拭き取ります。

【注意】

シミ抜きは、布が湿っている間に行います。除光液は中の素材を傷めますので使用しないように。

  1. ベンジンが乾いてから、水に浸し固く絞ったぞうきんにカーペット用洗剤をつけ、タテ・ヨコ・ナナメに拭いていきます。

【アドバイス】

あまり力を入れないようにし、汚れが落ちるまで何回も繰り返すのがコツです。ぞうきんは数枚用意し、洗濯機でまとめて脱水しておくと便利です。

【注意】

ぞうきんは、できるだけ固く絞ってください。水気が多いと、ソファーの内部の汚れが表面にシミとなって出てくることがあります。

  1. 水に浸し固く絞ったぞうきんで、あまり力を入れないように汚れや洗剤分を拭き取ります。
  2. 乾いたぞうきんで、もう一度全体を拭きます。
    ファスナーが開くタイプは、何度も乾いたタオルを、中に出し入れして水気を取ります。
  3. よく乾燥させた後、布が起きる方向に洋服ブラシをかけ、繊維を整えておきます。

【アドバイス】

色落ちする場合やもっときれいにしたい場合は、専門業者に依頼されることをおすすめします。

ソファイラスト ソファイラスト

おそうじ大辞典では日々の掃除の情報から念入りお掃除のヒントまで様々な情報を提供しています。

ページトップ