• ご家庭用ホーム
  • ご家庭用商品
  • ハウスクリーニング
  • 家事代行サービス
  • 害虫獣駆除サービス
  • 庭木のお手入れ
  • その他商品・サービス

ホーム > くらしのお役立ち情報 > おそうじ(お掃除)大辞典 > おそうじのコツ:キッチン > タイル【念入りおそうじ】

おそうじのコツ

おそうじ大辞典

キッチン

タイル

タイル壁は、耐水性がありキズもつきにくいので、おそうじのしやすい素材です。軽い汚れなら、洗剤不要の極細繊維のクロスなどでも取れますが、レンジまわり、とくに目地にこびりついた油汚れはなかなかとれにくく、念入りなおそうじが必要です。


油汚れ用洗剤を使う方法

【用具】

  • ヘラや割りバシ
  • ぞうきん
  • バケツ
  • スポンジ
  • ブラシ
  • 台所用ラップ
  • ゴム手袋
  • 場合によっては、脚立(踏み台)

【薬剤】

  • 油汚れ用洗剤

【準備】

  • 換気
    窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。
  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。
  1. 油がこびりついている部分は、ヘラや割りバシなどで、あらかじめ削り落とします。
  2. 水に浸しゆるく絞ったぞうきん、または水を含ませたスポンジに油汚れ用洗剤をスプレーし、塗っていきます。

【アドバイス】

目地の部分は特にしっかり塗ってください。

  1. そのまま5分ほど放置した後、水で湿らせたブラシで、目地の部分を中心にこすり、汚れを落とします。

【アドバイス】

目地の部分の汚れが取れない場合は、水で湿らせたジーンズ地などにクリームクレンザーをつけて、こする方法もあります。

  1. 水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。
  2. 汚れが残っている場合は、台所用ラップを、汚れの部分よりも大きめにカットします。
  3. 油汚れ用洗剤を汚れの部分にスプレーし、上から手早く台所用ラップを貼りつけます。

【アドバイス】

油汚れ用洗剤を含ませたキッチンペーパーで、湿布をした上にラップを貼ると、より洗剤が浸透しやすくなります。

  1. そのまま10〜15分ほど放置した後、ラップをはがし、水で湿らせたブラシで、目地の部分を中心にこすり、汚れを落とします。
  2. 水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。
  3. よく乾燥させます。

酸素系漂白剤を使う方法

【用具】

  • ヘラや割りバシ
  • ぞうきん
  • バケツ
  • スポンジ
  • ブラシ
  • 台所用ラップ
  • ゴム手袋
  • 場合によっては、脚立(踏み台)

【薬剤】

  • 酸素系漂白剤

【準備】

  • 換気
    窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。
  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。
  1. 油がこびりついている部分は、ヘラや割りバシなどで、あらかじめ削り落とします。
  2. 40〜50℃くらいのお湯を、洗いおけにため、酸素系漂白剤を表示通りに溶かし、漂白剤溶液をつくります。(目安はお湯2リットルに対して8gです)。
  3. 漂白剤溶液に浸しゆるく絞ったぞうきん、またはスポンジで、漂白剤溶液を壁全体に塗っていきます。
  4. そのまま10〜15分ほど放置した後、水に浸し固く絞ったぞうきんで、目地の部分を中心に拭いて、汚れを落とします。
  5. 水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや漂白剤を拭き取ります。
  6. 汚れが残っている場合は、台所用ラップを、汚れの部分よりも大きめにカットします。
  7. 漂白剤溶液をぞうきん、またはスポンジにつけ、汚れの部分に塗り、上から手早く台所用ラップを貼りつけます。

【アドバイス】

漂白剤溶液を含ませたキッチンペーパーで、湿布をした上にラップを貼ると、より洗剤が浸透しやすくなります。

  1. そのまま10〜15分ほど放置した後、ラップをはがし、水で湿らせたブラシで、目地の部分を中心にこすり、汚れを落とします。
  2. 水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや漂白剤を拭き取ります。
  3. よく乾燥させます。
タイルイラスト タイルイラスト タイルイラスト タイルイラスト

おそうじ大辞典では日々の掃除の情報から念入りお掃除のヒントまで様々な情報を提供しています。

ページトップ