ダスキンモップで暮らしが変わる。わが家のお掃除革命 お掃除の手間を減らしたい 子育て中で掃除を時短したい ホコリや毛をなんとかしたい 新居のキレイを長持ちさせたい 高齢で掃除をするのが大変 どんなシーンにもモップが大活躍!! いつでもすぐに使えるから気軽♪狭い場所までホコリを徹底キャッチ!

ダスキンモップで暮らしが変わる。わが家のお掃除革命 お掃除の手間を減らしたい 子育て中で掃除を時短したい ホコリや毛をなんとかしたい 新居のキレイを長持ちさせたい 高齢で掃除をするのが大変 どんなシーンにもモップが大活躍!! いつでもすぐに使えるから気軽♪狭い場所までホコリを徹底キャッチ!

知ってトクする!
ホコリのメカニズム

知っておきたいハウスダスト

ハウスダストとは?

ハウスダストは、ホコリの中でも特に1mm以下の肉眼では見えにくいもののことを意味しています。
ハウスダストには、衣類などの繊維クズ、ダニの死がい・フン、ペットの毛、花粉、タバコの煙、カビ、細菌などさまざまなものがあります。
ハウスダストは空気中に舞い上がりやすく、体内に入るとアレルギー症状やぜんそく等を引き起こす原因になることがあります。

部屋のなかには目に見えないハウスダストがいっぱい

ホコリの変化

空気中には、目には見えないハウスダストが浮遊しています。そして時間をかけて落下し、床に堆積します。(※) 堆積したホコリは、空気中の水分や油分を含み、付着し、「しみ込みます」。

  • 0.001mmのホコリは1m落下するのに約8〜9時間かかると言われています。(無風の場合)
  • 浮遊している
  • 軽くのっている
  • 表面に付着 空気中の水分や油分を含み、表面にこびりつく。
  • しみ込む 付着面に吸着したり、しみ込んだりする。

ホコリが表面に軽く乗っている状態の時に
効率的に取り除くことがおそうじをラクにします。

ダスキンモップの秘密

ハウスダスト対策には
ダスキンモップがおすすめ

ダスキンモップは独自の吸着剤加工がされており、吸着剤のヌレ現象(例えば濡れた手で砂にさわると手に砂がつくという現象のこと)によって目に見えない小さなホコリまでしっかりキャッチします。

  • ホコリをキャッチし
  • 包みこみ離さず
  • 吸着剤が包みます
吸着剤の効果

パイルの秘密

カーブや凸凹、狭いすき間にもフィットする特殊構造の極細パイルが、ホコリを落とさず、舞い上げずしっかりからめとります。
  • 取ったホコリのアレル物質(ダニのフン・死がい、花粉)の活動を抑制します。
  • 「抗菌防カビ剤」「防カビ剤」でカビや細菌の増殖を防止します。

ダスキンモップは
4週間に一度交換システムです

  • お手入れの手間がいらず、ベストな状態をいつでもキープ。
  • 4週間ごとにモップ部分を交換します。
  • ハンドル(モップの柄)等が壊れたら交換します。

4週間使い込むための
「モップ活用術」

フロアモップとハンディモップ

フロアモップについて

スタイルフロアLaLaの場合
ホコリに気がついたら
さっと拭くだけ
手軽におそうじができる
  • 狭いところやすき間にもスイスイ入ります。
  • 軽量で小回りの利くハンドルで使い易い。
  • 独自構造のパイルで、ダスト捕集力が高い。

使用箇所(例)

  • 家具のすき間
  • 下のすき間
  • 階段
フロアモップの使い方

ハンディモップについて

スタイルハンディShuShuの場合
小物まわりも少し高い場所も
サッと手軽におそうじできる
  • 小物のすき間など、おそうじする場所の形に沿ってホコリをキャッチする極細ナイロンパイル。
  • 2段階に伸縮するハンドルで高い所や家具の奥のおそうじもラクラク。
  • 軽くてコンパクトなのに、たっぷりホコリが取れる。

使用箇所(例)

  • 棚の上
  • 配線まわり
  • 細いすき間
  • 照明のかさ
ハンディモップの使い方

スタイルクリーナーの使いこなし

モップで集めた大きなホコリやゴミをスタイルクリーナーで吸い取ることができます。
また、スタイルクリーナーについているノズルでモップについたホコリを吸い取ることができ、モップを4週間気持ちよく使えます。

  • モップで集めたホコリを吸引
  • 床用吸込口を使用時は、ノズルをきっちりはめてご使用ください。(注:床用吸込口とノズルを同時に使用することはできません。)
  • ノズルでホコリを除去
    (フロアモップ)
  • ノズルでホコリを除去
    (ハンディモップ)
  • ハンディ掃除機
    としても活躍

モップ交換前には…

交換前には玄関や室外機、ベランダなどでとことん使って真っ黒にして返却ください。

  • 玄関まわり・靴箱
  • サッシのレール・
    網戸・雨戸など
  • エアコンの室外機
  • ベランダ
交換前の使い方

ダスキンモップの
使用においての注意点

「使えない場所」「注意する場所」

こんなところは注意してください
使えない場所
  • 水気・火気のある場所
  • 車のボディ・漆塗りの家具・ピアノなどキズがつきやすいもの
  • 白木・無垢材・大理石・紙製品・布製品・革製品など、水を吸い込みやすい素材
  • 食器類および食品が直接ふれる場所
  • 水拭き用ではないので、乾いた所だけにお使いください。
  • 白木や無垢材などは、吸着剤が移る恐れがあります。
  • 大理石などの天然石は、吸着剤が移る恐れがあります。
注意して使う場所
  • モップが新しくキレイな時には、畳の目に沿って軽くなでるように拭いてください。
  • 砂粒や固いゴミがモップに付着したまま使用しないでください。傷をつけてしまう恐れがあります。
  • 白木・大理石・畳には、吸着剤加工されていない「スタイルフロア サララ」の使用をおすすめしています。
こんな使い方はしないでください
  • ハンドルに無理な力が加わると曲がったり破損する原因になりますので、ご注意ください。
  • 長時間モップを、床や家具に直接置くことはしないでください。
    (吸着剤の油分が、色移りする場合がありますのでモップの保管には収納ケースをご使用ください)
  • モップを床等にたたきつけてホコリを落としたり、壁、家具等に強くあてないでください。(※)
  • 砂粒や固いゴミがモップに付着したまま使用しないでください。(※)
    (家具等にキズをつける恐れがあります)
  • 汚れやシミを取るおそうじに使用しないでください。
  • 対象面には押し付けず軽く拭いてください。
  • 水にぬらしたり、水洗いはしないでください。
  • 用途以外の使用はしないでください。
  • スタイルクリーナーのノズルでホコリを取り除いていただくことをおすすめします。

ダスキンモップを4週間たっぷりお使いください。

人や環境にやさしい♪
エコへの取り組み

エコのタネ

私たちダスキンは、環境保全と企業経営の両立に全力で取り組み、生産から使用後まで、安全で安心、環境保全に配慮した商品サービスを提供しています。

  • くりかえし使うエコ
    回収されたレンタル用のモップ、マットの約97%を工場で再び商品化。創業以来、変わることなく「くりかえし使う」循環型の事業活動に取り組んでいます。
  • みんなで使うエコ
    ベビー用品や介護用品・福祉用具などのレンタルを通じて、ひとつのモノを「みんなで使う」ことで、限りある資源を有効活用する事業を展開しています。
  • 減らすエコ
    お掃除サービスも、害虫駆除サービスも、薬剤や施工方法を工夫。人と環境に対する負荷を「減らす」ための取り組みを積極的に進めています。
  • 捨てないエコ
    ミスタードーナツでは、店舗で使う食器を陶器・ガラス製にして、ゴミの排出を抑える「捨てない」活動を推進しています。※フードコートの店舗などを除く。

くりかえし使うエコに
ついて詳しく見る

ダスキンモップの
組み立て方

  • スタイルフロア
    ララ

    • フロアモップの
      組み立て方と注意
    • ハンドルの伸縮方法
    • モップの収納方法
  • スタイルハンディ
    シュシュ

    • ハンディモップの
      組み立て方と注意
    • ハンドルの伸縮方法
    • モップの収納方法
  • スタイルクリーナー

    • 集めたゴミ、モップのホコリの吸い取り方法
    • ノズルの活用方法

よくあるご質問

モップでヨゴレやシミも取れるのですか?
ドライタイプのモップはあくまでもホコリを取るものです。ですから、床に固着したヨゴレやシミは取れません。床用の洗剤などでヨゴレを取ってから、モップをご使用ください。ホコリがヨゴレやシミになる前、床面にのっている状態で、舞い上げないように『かーるく、かーるく』取り除くことがポイントです。
タタミを拭いても大丈夫ですか?
必ずモップが新しくキレイなときにタタミの目にそって『かーるく、かーるく』拭く、これを守ってくださればタタミのお掃除にお使いいただいても大丈夫です。決して、こすったり、強く拭きすぎたりしないでください。
水気のあるところを拭いても大丈夫ですか?
水気のある所でのご使用はお避けください。モップが水分を含むと一時的に吸着剤の働きが弱くなり、ホコリを包み込む力が減少します。また、モップそのものを水で濡らすのも厳禁です。
吸着剤は拭いているとき、他に移りませんか?
常に『かーるく、かーるく』拭いていれば吸着剤が他に移行することはほとんどありません。逆に、あまり力を入れすぎると吸着剤がお掃除する素材についてしまい、かえってホコリを集め、ヨゴレの原因をつくることがあります。力を入れず『かーるく』素材の表面にそっと触れるように拭くのがコツです。
汚れたモップで拭いても、ヨゴレは移らないのですか?
いったんキャッチしたホコリは吸着剤がしっかりと包み込み、めったなことでは離れませんので、他にヨゴレが移る心配はありません。ただし、凹凸の激しいザラザラした表面、水分や油分を吸い込みやすい表面、水で濡れた表面にはヨゴレが移ることがあります。また、モップそのものが濡れているときにもヨゴレが対象面に移る危険性がありますので、ご注意ください。
モップについたホコリが気になるのですが・・・?
モップについたホコリは、スタイルクリーナーのノズルでこまめに取り除いていただくと4週間気持ちよくお使いいただけます。
モップの柄が壊れてしまった!
破損や不具合がある場合は、無料で新しいものと交換させていただきますので、担当のお客様係にお申し付けください。
ダスキンモップに加工されている吸着剤は安全なのですか?
弊社の商品は、安全性を最優先に研究・開発しております。原料の選択や商品の開発において、決められたルール、マニュアルに基づいた安全性評価を実施し、合格したものだけをお客様にお届けしています。また、より信頼性を高めるために、第三者機関に試験を依頼して、薬剤が口に入った場合や、皮膚や眼に入った場合の安全性についても確認しております。
ダスキンモップの床材に対する影響について心配なのですが・・・?
弊社では様々なテスト検証を実施し、一般的なフローリング(※1)であれば、コーティング(※2)の種類によらず通常使用において、床材に対して吸着剤の影響がないことを確認しています。日本複合防音床板工業会(複合フローリングのメーカー中心に構成された団体)の「フローリング・ナビ」では、ダスキンモップのような吸着剤が加工されたモップを使ったお掃除がフローリングの日常的なお手入れ方法の一つとして紹介されています。
※1.一般的なフローリング:合板のフローリング材の事で白木や無垢材などは含みません。
※2.コーティング:一般的なフローリングの表面加工のことで、樹脂ワックスや専門業者による表面加工が含まれます。

DDuet ディーデュエット会員登録はお済みですか?

DDueとは
あなたとダスキンを結ぶ会員サイトです。
新しい発見と出会える、くらし満喫サイトです。
  • 限定プレゼントが
    もらえる!
  • 会員限定の
    クーポン満載!
  • コインとポイントが
    ダブルで貯まる!
  • 口コミチェックで
    選べて安心!

DDuetについて詳しく見る